スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険庁、イベント開催名目で6年間に6億円計上

タンポポ
社会保険庁が1998年度以降6年間にわたり、この間に一度も行われていないか、実施が確認されていないイベントの開催費名目で、計約6億円に上る予算を計上していたことがわかった。
 年金保険料などを財源とする「厚生保険特別会計」と「国民年金特別会計」の予算として計上された。実態を伴わない予算付けは、経済産業省資源エネルギー庁の「電源開発促進対策特別会計」で繰り返されていたことがわかっているが、別の特別会計でも行われていたことが判明したのは初めて。
 社保庁などの調べによると、イベント予算は1991年度に、全国7か所の社会保険事務所が毎年11月の「年金週間」に合わせて実施する〈1〉記念講演とコンサート〈2〉エアロビクス大会〈3〉綱引き大会――の各種費用として初めて計上された。
 その後、予算の付けられた社会保険事務所が徐々に増え、95年度からは、47都道府県すべての事務所で、三つのイベントの費用が計上されるようになった。
 98年度以降は毎年度、〈1〉のために約6900万円、〈2〉のために約500万~800万円、〈3〉のために約2400万円の予算が付けられていた。
 その内訳は、コンサートの出演料や司会者の謝金、エアロビ大会の審査員謝金や表彰状作成費、綱引き大会のゼッケン作成費や綱レンタル料などだった。
 ところが、少なくとも98年度から2003年度までの6年間は、コンサートやエアロビ大会、綱引き大会は、全国どこの事務所でも全く行っていなかったことが判明。コンサートと同じ会場で行われたことになっていた記念講演についても、実際に開かれたかどうかは確認されておらず、実態不明のイベントのために、毎年度1億円前後の予算が計上されていたことになる。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Hero - 2005年04月21日 16:40:52

写真はいつも適当に何枚も写してその中から自分なりに気に入ったものを使っていますから殆ど没になっていますよ。

- けいです - 2005年04月20日 19:39:29

タンポポの綿毛、素晴らしい写真ですね
毎日のheroさまのお写真がとても楽しみで
何時かは自分も、と励みになっています。
永久に近寄る事は出来ないでしょうけれど。

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。