スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳戒態勢のバチカン

さくら

世界11億のカトリックの頂点として世界平和に尽力し2日に84歳で死去した第264代ローマ法王、ヨハネ・パウロ二世の葬儀が8日、バチカンのサンピエトロ広場で行われた。26年余という在位の長さに加え、平和を訴えて外遊を重ね、旧ソ連や東欧の民主化を後押しした実績を反映し、世界の180を超える国々から首脳70人以上のほか、国際機関、宗教界の代表ら約4500人が参列した。
 イタリアのメディアによると、広場を中心にローマ市内には約200万人以上が集まり、参加者数や列席した要人の数では史上最大規模の葬儀となった。死去直後からの弔問客は、通算500万人に上る見込み。
 イタリア当局は空前の厳戒態勢を敷いた。ローマ市内は自家用車の通行が禁止され、空からはイタリア空軍機がテロを警戒した。
 葬儀のミサは3時間近く続き、その後、遺体はサンピエトロ大聖堂の地下に埋葬された。バチカンはこの日から9日間の喪に入るとともに、18日からの次期法王選挙に向けて動き始める。
 ミサを主宰したラツィンガー枢機卿は「窓からいつも顔を見せていた法王は、今は、神の家の窓からみなを祝福しているだろう」と述べた。ミサの最中、ポーランド人を中心に「(法王を信仰生活の模範である)聖人に」という掛け声と拍手が約5分間続くハプニングもあった。
 主な参列者はチャールズ英皇太子、ブッシュ米大統領、シラク・フランス大統領、アナン国連事務総長ら。イスラム諸国からもイランのハタミ大統領らが、日本からは川口順子首相補佐官、立正佼成会の代表が参列。
 諸宗教との対話を重視した法王らしく、イスラム教、ユダヤ教などの宗教指導者らの列席も目を引いた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Hero - 2005年04月10日 17:00:10

三脚を使うと写真が綺麗に撮れるようになりますよ。特にマクロなどには欠かせないですね。
この桜の背景は緑の木ですが桜に光があたっているために背景が黒くなったものです。

- けいです - 2005年04月10日 16:18:08

この桜の写真の撮り方、素敵ですねー。
私も昨日桜を沢山撮ってきましたが、
人を避けるには、カメラを上に向けて
桜の木の上か、空ばかりを撮ってきたようになりました。三脚を使うのが、馴れてきました。

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。