スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮に拉致被害者の帰国促す

04080.jpg
国連人権委員会で、北朝鮮担当の特別報告者を務めるヴィティット・マンタボーン氏は「生存している日本の拉致被害者を早急に帰国させるという日本の要求に応えるべきだ」との報告書を提出した。これに対し北朝鮮の代表は「報告はねつ造だ」などと反論した。
 北朝鮮の人権問題に関する初の特別報告を担当した同氏は2―3月に訪日、拉致被害者の家族らとの面会などを基に調査結果をまとめた。北朝鮮との接触は昨年ジュネーブで国連大使らと一度会ったきりで、北朝鮮への入国は拒否され、現地調査はできなかった。
 報告は拉致被害者の帰国、北朝鮮が死亡したとする拉致被害者に関する検証、拉致実行犯の処罰、拉致問題解決に向けた日本との対話の再開と継続などを求めた。今回の調査期間は1年限りなので、日本政府は調査の継続による国際社会の協力を求めている。報告後に記者会見したマンタボーン氏は「今年の人権委員会の決議次第」としながらも調査継続に前向きな姿勢を示した。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。