スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てん巨人、サヨナラ負け

04061.jpg

G党がスッキリ眠れる夜は、いつになったらやって来るのか。また負けた。延長12回までもつれながら、サヨナラ負けで開幕から泥沼の4連敗。相変わらず12球団で唯一白星なしという惨状だ。
 「追加点を取れなかったのが終盤に響いた」。試合後の緊急ミーティングの後、力なくつぶやいた堀内恒夫監督。初回に清原の1号2ラン、2回に阿部のソロが飛び出し、今度こそは思わせた試合を、まず最初に惨めな結末に導いてしまったのがキャプラーだ。3回2死満塁で遊ゴロ。ランナーを置いた6回、10回の打席でもあっさり凡打に倒れた。当初から打撃面で不安の声があったが、開幕から16打席連続ノーヒットだ。
 そして最後にキッチリぶち壊したのが“ダメ魔神”のミセリだ。12回裏に登場し、先頭の金城に簡単に二塁打を打たれると、1死一、二塁から多村にサヨナラ打を打たれジ・エンド。「初球からでも甘ければ平気で打ってくるという日本の野球を分かっていない」と今さらながらに嘆いた堀内監督は、開幕戦に続く2試合連続の抑え失敗に「次は楽な場面? そういうことも加味して考えないと」と早くも守護神失格をほのめかした。
 巨人の開幕4連敗は1958年以来47年ぶりの球団ワーストタイ。その年は優勝しているが。
 待望の一発も空砲となった。1回、清原が横浜セドリックから先制の1号2ラン。通算500本塁打まで、あと7本とした。「きょうは和田アキ子さんが君が代を歌ったので、特に気合が入っていました」。親交のある歌手・和田アキ子の独唱に花を添えられ、試合序盤はご機嫌だったが、先発・高橋尚が8回に同点弾を浴びた瞬間は目を潤ませていた。
ローズが今季初の退場となった。延長10回、見逃し三振に倒れると、英語で「今のはストライクじゃないだろう!」と森球審に激高。これが暴言による侮辱行為と判定され、退場を命じられた。試合後も「審判を侮辱したわけじゃない。それなのに退場はおかしい」と怒りは収まらないようす。開幕から審判団と闘い続ける堀内監督も「嫌になるね…」とため息をついていた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

よく考えるぎょるいのひとver.3.11 - 2005年04月06日 21:00

巨人軍,弱すぎるのは困る←4連敗

個人的にはぜひ阪神に優勝して欲しいが,巨人軍とのマッチレースで優勝して欲しい。あ~12回サヨナラ…巨人47年ぶり開幕4連敗横浜は十二回、一死一、二塁で多村が中越え打を放ちサヨナラ勝ち。巨人は、1958年以来の開幕4連敗となった。 これまでの4試合,

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。