スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金支給ミスは380億円

04021.jpg

社会保険庁は一昨年6月に大規模な年金支給ミスが発覚したことを受けて給付システムの総点検を行った結果、既に公表した分も含め、1991年から約7万9700人対し過払いや未払いなど年金の支給ミスがあったと発表した。
 金額が判明しているのは計約380億900万円。内訳は過払いが約2万2300人への約91億1500万円、未払いが約4万5400人への約288億9400万円。このほか、額が確定しない人が約1万2000人おり調査が続いている。
 未払いの最高額は1300万円で、過払いの最高は約800万円だった。同庁は謝罪の手紙とともにミスを通知、未払い分は給付し、過払い分は返納してもらう手続きをしている。
 一昨年に約300億円の給付ミスが発覚したことで調査を開始。同庁は「対象者への個々の問い合わせなどで取りまとめに長時間を要した」としている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。