スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・地球博

03251.jpg

大規模な国際博覧会としては今世紀初、国内開催では大阪万博以来、35年ぶりとなる愛知万博(愛・地球博)が開幕した。1日を通しての入場者数が約4万3千人と想定をかなり下回ったことも手伝い、懸念された交通アクセスの混乱もなく、結果として順調な滑り出しとなった。
 愛知万博は「自然の叡智」をテーマに、海外から120カ国が参加。9月25日までの半年間、環境問題などの課題に対し交流を通して知恵を出し合う舞台となる。
 磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」の万博会場駅に直結する北ゲートでは、小雪がちらつく中の開幕式で、万博協会の豊田章一郎会長が「自然の叡智をテーマに世界中の人々が大交流する万博、ただいま開幕します」と宣言。来場者はマスコットキャラクターの「モリゾー」「キッコロ」の出迎えを受けた。
 人気パビリオンは、開場から約1時間半後に早くも2時間待ちの行列ができるほどの盛況ぶりで、開場直後から配り始めた入場整理券が1時間ほどでなくなったところもあった。JR東海超電導リニア館では、設備トラブルで一部展示が中止になった。
 映像技術や会場に残された自然などを評価する声がある一方、「整理券について説明が足りない」などと不満を漏らす来場者もいた。
 外国パビリオンは、ほとんどが開館にこぎ着けたが、アンデス共同館など工事が遅れている数館は間に合わなかった。館内を巡る乗り物「ライド」が人気で40分待ちとなったドイツ館など一部を除き、ほとんどのパビリオンが待ち時間なしの状態だった。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

たのしみ・いろいろ・いっぱい!! - 2005年03月26日 18:51

愛知万博 「愛・地球博」切手シート ! !

いよいよ、愛・地球博のはじまりです。 (2005年3月25日から9月25日の18

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。