スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納采の儀

18003.jpg
天皇家の長女、紀宮さまと、東京都職員の黒田慶樹さんの結納にあたる「納采の儀」が皇居・宮殿「表御座所」で行われた。
 紀宮さまが長く公務に取り組まれて来たことから公的な宮殿が使われ、内親王の納采の儀では初めて三権の長のあいさつも受けられる。
 納采の儀は、黒田家の使者が宮内庁の湯浅利夫長官に結婚を約束する趣旨の口上を述べ、鯛、清酒、布地の納采の品を納める。長官は別室で天皇、皇后両陛下と紀宮さまに報告、長官が使者に承諾する旨を伝えて正式に婚約がととのう。
 紀宮さまはその後、両陛下、続いて皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻にあいさつ、皇族方や旧皇族、三権の長らからお祝いを受け、黒田さんと母の寿美子さんとのお茶会に両陛下と臨まれる。
 宮内庁前に一般の記帳所が設けられる。希望者は皇居・坂下門から入る。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

つれづれなるままにー木蓮のほほ~ん日記 - 2005年03月19日 22:08

納采の儀:お幸せに

お幸せに。ただひたすら祈ります。 19日午前の「納采(のうさい)の儀」で天皇家の長女紀宮さま(35)との婚約が正式に調ったことを受け、東京都職員、黒田慶樹(よしき)さん(39)は同日午後、母壽美子さん(69)とともに皇居を訪れた。 モーニング姿の黒田さん

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。