スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍元首相、金元工作員への政府対応批判

M19_014.jpg


大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)・元北朝鮮工作員は、羽田空港から日本政府のチャーター機で韓国に帰国し、3泊4日の滞在を終える。
「帝国ホテル」にこもったままで、公の場に最後まで姿を見せないという点でも異例の来日になった。
 一方、政府が認定している17人の拉致被害者(うち5人は帰国)以外に、北朝鮮に拉致された疑いがある「特定失踪者」の情報収集をしている「特定失踪者問題調査会」の荒木和博代表は、同ホテルを訪問。特定失踪者約400人分の写真を金元工作員に確認してもらうよう、政府に要請したが、拒否されたという。
 荒木代表は「拉致被害者の家族と面会するだけでなく、特定失踪者の調査のためにもっと時間を割いてほしかった」と話した。
 中井国家公安委員長は閣議後会見で、金元工作員が都内をヘリコプターで移動したことについて、「一生外国に出られないかもしれないので、東京を上空から見せてあげたかった。非難されることではないと思う」と話した。金元工作員は、本来、ヘリなら約10分間で到着する東京・調布飛行場から東京ヘリポート(江東区)までを約40分かけて移動、「遊覧飛行」と批判が上がっていた。

安倍元首相は、自民党の拉致問題対策特別委員会(古屋圭司委員長)で、来日した金賢姫(キムヒョンヒ)・元北朝鮮工作員から警察が事情聴取などをしなかったことについて、「経費をかけて呼びながら、情報収集の努力をしなかったと言わざるを得ない」と政府の対応を批判した。
 古屋氏も「金元工作員は韓国では記者会見しているのに、政府は完全に言いなりで弱腰だ。パフォーマンスとの批判も免れない」と述べた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。