スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添氏が離党届を提出…23日に新党旗揚げ正式発表

自民党の舛添要一前厚生労働相は、新党結成のため矢野哲朗元外務副大臣とともに党本部で離党届を提出した。これに対し、自民党の大島理森幹事長は舛添氏が参院比例代表選出であることを踏まえ「議員辞職し、党に議席を戻すべきだ」と批判した。
 一方、先に自民党を離党した鳩山邦夫元総務相は「舛添新党」の結党メンバーには加わらない考えを示した。
 舛添氏は旗揚げを正式発表する予定の新党の理念として、デフレ克服や日本の国際競争力強化などを挙げ、「閉塞感を打破し、新しい政治をやりたい」と強調。鳩山政権の「政治とカネ」問題を念頭に「清潔な政治」を目指すと訴えた。参院選に向け候補者の公募を行う考えも表明した。
 また、新党立ち上げの手続きに関し、自身が連携先の改革クラブ(渡辺秀央代表)にいったん移籍した上で、改称する形を取る考えを示した。改革クラブの持つ政党助成金受け取り資格をそのまま受け継ぐ狙いとみられる。
 離党届を提出したのは自民党にとって昨年の衆院選後、現職国会議員で計13人となり、谷垣禎一総裁ら党執行部の一層の求心力低下を印象付けることになる。自民党は党紀委員会を開催し、離党届の扱いや処分を協議する。
 鳩山氏は記者団に「舛添氏の新党や、平沼赳夫代表らの『たちあがれ日本』が連携する形になれば最高だ。自由な立場で大同団結に力を注ぎたい」とも述べた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

【2ちゃんねるまとめ風】国内のニュース - 2012年04月22日 12:10

衆院選、候補者を全国公募=現職国会議員も対象に―維新

 地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)は21日、次期衆院選に候補者を擁立する場合は全国公募する方針を固めた。3月に開講した「維新政治塾」の受講者に加え、現職や元...

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。