スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都内で174円の給油所も…ガソリン卸値一斉引き上げ

080601_2.jpg

新日本石油など石油元売り各社は、6月出荷分のガソリンなど石油製品の卸価格を一斉に引き上げた。これに伴い都内のガソリンスタンドでは、レギュラーが1リットル当たり170円台半ばに値上げされるなど、早くも店頭価格に転嫁する動きが目立った。
 東京都大田区の出光興産系列のガソリンスタンドは、レギュラーを1リットル当たり15円引き上げ174円にした。スタンドを経営する会社の林彰社長は「お客さんは本当に価格に敏感で、節約が一層進むのではないか」と危機感をにじませた。
 給油に立ち寄った会社員の男性は「ガソリンは高くなったという印象だ。これからは車を使うのを控えないといけない」と話した。
 原油高による元売りの調達コストの上昇で、6月の卸価格は、最大手の新日石が前月比で1リットル当たり12円と過去最大の値上げとなったほか、昭和シェル石油など他の元売りも10円余り引き上げた。
 石油情報センターによると、レギュラーの全国平均小売価格は5月26日時点で1リットル当たり160円30銭と調査開始以来の最高値を更新。レギュラーは揮発油税などの暫定税率が4月1日にいったん失効したことで4月には一時130円台に下落したが、わずか2か月で40円も値上がりするところが出てきた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。