スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前夜に親方「やってやれ」、力士急死で複数の兄弟子供述

1c3263bec74bfb7c_o.jpg

愛知県犬山市の大相撲時津風部屋宿舎で今年6月、序ノ口力士の斉藤俊さん(当時17歳)=しこ名・時太山=がけいこ中に急死した問題で、愛知県警は兄弟子全員から事情聴取した結果、暴行や、死亡当日のけいこに関与した3、4人を特定した。県警は傷害致死容疑などでの立件に向けて詰めの捜査を進めるため、山本順一・前時津風親方や兄弟子から改めて事情を聞く方針だ。県警では斉藤さんの死因が多発外傷による外傷性ショックと判明したため、激しいぶつかりげいこか、兄弟子らによる暴行が死亡につながった可能性があるとの見方を強めている。今後、どの時点での暴行やけいこが斉藤さんの死に直接つながったのかを見極める。
けいこ中に急死した問題で、死亡前日の暴行に関与した複数の兄弟子が、愛知県警の任意の事情聴取に対し、「親方に『やってやれ』と言われ、斉藤さんへの暴行に及んだ」などと供述していることがわかった。
 県警は、斉藤さんへの一連の暴行は、山本順一・元時津風親方(元小結双津竜)の指示がきっかけとなった可能性があるとみて、改めて元親方ら関係者から事情を聞く方針だ。
 県警の調べによると、死亡前日の6月25日夜、元親方は宿舎を抜け出すなどした斉藤さんを自分のそばで正座させた。その際、斉藤さんが足を崩したことに怒り、ビール瓶で額やひざを殴ったという。斉藤さんは額から血を流したが、元親方は県警の聴取に対し、「ティッシュでふいたら血が止まった」と説明している。
 その後、3、4人の兄弟子が斉藤さんを宿舎の裏側に連れて行き、金属バットや木の棒で数十分にわたって暴行した。複数の兄弟子が調べに対し、暴行について「親方の指示があった」「やりすぎだった」などと供述しているという。
 翌26日には、午前11時ごろから始まった約30分に及ぶ激しいぶつかりげいこの後、斉藤さんは土俵上で倒れ、搬送先の愛知県犬山市内の病院で死亡が確認された。県警は、兄弟子らによる暴行や、激しいぶつかりげいこが死亡につながったとみて、傷害致死容疑などでの立件に向けて詰めの捜査を進めている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。