スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジモリ氏出馬表明 国民新党、比例代表で

0627_56.jpg

南米チリで自宅軟禁下にあるフジモリ元ペルー大統領は国民新党の公認候補として七月の参院選に立候補することを正式表明した。同氏は共同通信に対し「大統領時代の経験を生かし、私の両親のふるさと日本に恩返しをしたい」と語った。同党の出馬要請を受けた。
 国民新党の亀井静香代表代行は東京都内の党本部で、フジモリ氏を比例代表候補として擁立することを明らかにした。
 日本の国政選挙に外国の元最高指導者が出るのは初めてとみられる。ただ、同氏は一九九〇年から十年間の大統領在任中の市民虐殺事件などで訴追されており、チリ最高裁がペルーへの引き渡しの是非を審理中。こうした中での異例の出馬表明は、ペルーや日本で議論を呼びそうだ。
 フジモリ氏は、関心のある政治課題として、北朝鮮による拉致問題や日本の年金問題、地方経済の活性化、治安改善を挙げ「私の得意分野であり、全力で取り組みたい」と抱負を語り「当選する自信がある」と述べた。
 同氏は日本国籍も保有し被選挙権を持つ。外国で自宅軟禁されたままでも立候補は可能で、当選した場合、登院しなくても法的には問題はないという。

2006年4月には支援者である在日韓国人の女性実業家、片岡都美との結婚を発表した。
尚、95年に経営破綻した旧信用組合岐阜商銀の安璋煥元理事長は彼女の伯父だ。また、彼女は「美濃カントリー倶楽部」(岐阜県武芸川町)を経営していた「美濃カントリー」の社長も務めるが、03年10月、5億数千万円の所得隠しを名古屋国税局から指摘され、2億円余りを追徴課税されていたことが明らかになっている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。