スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横峯さくら、感謝の初メジャー 「父がいたから…」

R14_030.jpg

リコーカップ最終日、前日首位の横峯さくらが6バーディー、1ボギーの67と伸ばし、通算11アンダーの277で優勝。さくらパパの良郎さんとの親子の力がかみ合って、初の国内ビッグタイトルを手にした。賞金1500万円と3年間の特別シード権も獲得した。宮里藍や、賞金女王・大山志保を寄せ付けない、大会史上最多タイの7打差をつける独走V。7月のベルーナレディース以来、4カ月ぶりの今季3勝目ツアー通算5勝目だった。 
 18番グリーン上で、さくらはキャディーをしていた父の良郎さんに自ら手を差し出し、がっちりと握手した。優勝インタビューでさくらは「父がいてくれたから勝てたかなと思う」と感謝の言葉を口にした。普段はコース上でも口げんかをする間柄だから、周囲を驚かせた。
 父は「『一応、建前上ね』って言いよったよ。『おまえも大人になったなぁ』って言ってやったよ」と苦笑したが、そこには強いさくらがいた。パワーをひけらかさず、静かにバーディーを重ねていく。今までと一味違うさくらだった。
 プレーに必死さが漂う諸見里に対し、余裕が見られた。4番では3メートル残したパーパットをきっちり沈め、6、7番で3メートル、2メートルの連続バーディー。9番パー5では「5番ウッドで打とうと思ってたんですが、ボールのライがすごくよかったので」という判断でドライバーを採用。グリーン手前エッジまで運んで、4つ目のバーディーにつなげてみせた。
 「今年は技術面、メンタル面、いろいろ自分の中で成長できた部分を実感している。ラウンド中の状況判断もその1つ」
 この日は前日降板した良郎さんがキャディーに復帰したが、距離の歩測、ライン読みを自分自身で行った。さくらは「今年に入ってからそれを1人でやるようにしてきたのが、一番成長につながったのかなと思う」と話した。
 今月14日にテレビ番組収録で青木功から、もらった金言を生かした。「攻める気持ちを忘れるな、と言われた。それとパターをもっと短く持って、ひじを少し伸ばすように構えた方がいい…とアドバイスをもらったのが、すごく大きかった」という。
 今季ツアー最終戦でのぶっちぎりV。公式戦の大舞台で「年間3勝」の公約を果たした。「テレビインタビューでつい、来年は4勝って…。言っちゃったからには、頑張ります」。こう言って笑うさくらは海外挑戦も視野に入れ始めた。「予選会を受けることまでは考えてませんが、出られる試合は出ていきたい」。良郎さんによると、現在、来年2月の豪州・ANZレディースマスターズ、米フィールズオープンの2試合の出場を予定している。さくらの進化は止まらない。
◇父・良郎さん「成長してる」
 かつては、良郎さんが改造した小型バスに寝泊まりしながら試合を回っていた。常にそばにいたからこそ今でも、さくらのことを一番、理解している。
 この日も要所で父親の助言が効いた。13番と唯一ボギーをたたいた16番では「ポカをして、イライラしそうになった」という娘に「最終日17、18番連続3パットで自滅し、V逸した先週と同じ失敗を繰り返すのか」と諭したという。この一言で横峯はわれに返り、冷静な気持ちになることができた。
 「本当にうまくなったよ。成長してる。ドライバーを2本入れて使い分けるようになったこと、パターの持ち方を変えたこと。これが勝因だな」と良郎さん。
 さくらパパは、軽妙なトークができるものだから、テレビのバラエティー番組などでも引っ張りだこ。娘の優勝スピーチを背中越しに聞きながら「これからテレビ番組の仕事があるんだ」と、恥ずかしそうにコースを後にしていた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

あおいの日記 - 2007年10月16日 08:39

横峯さくら

横峯さくら横峯 さくら(よこみね さくら、1985年12月13日 - )は、鹿児島県鹿屋市出身の女子ゴルフ|プロゴルファー。血液型AB型。身長155cm。エプソン販売所属。ゴルフ好きの父親横峯良郎の影響で8歳からゴルフを始める。長姉横峯留衣もプロ。鹿屋市立田

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。