スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜大揺れ…長嶋コーチが解任通告に大激怒

CRW_4131.jpg

中日・落合博満監督の腹心のひとり、長嶋清幸作戦・外野守備走塁コーチが、解任通告に激怒。猛烈な落合批判を繰り広げた。同コーチは名古屋市内の球団事務所で伊藤球団代表らから、来季の契約を結ばないことを告げられ、指揮官の冷たい仕打ちの仕返しとばかりに「落合監督は公私混同もはなはだしい」などと非難した。前日は佐藤道郎2軍監督らが解任され、この日は同コーチとともに、秦真司捕手コーチも退団。52年ぶりの日本一を逃したオレ竜が、大揺れとなった。
 解任通告を正式に受け、長嶋コーチは球団事務所のプレスルームで怒りをぶつけた。落合監督と、その右腕である高代延博野手総合チーフコーチを痛烈に批判。「要は落合監督、高代コーチが自分を気に入らないんでしょ」と、思いをぶちまけた。
 日本シリーズに敗れた翌日の27日、球団関係者から28日に球団事務所に来るように言い渡された。直後、落合監督に自らの処遇について確認の電話をした同コーチは「監督からは、良くやってくれたと言われたけど、クビの理由は教えてくれなかった。解任通告を遅らせてほかのチームに行けないように計算してやっている」と、配慮のなさに怒りは増幅した。
 昨季から火種はあった。4月に不調だった福留の先発落ちが、落合監督らで検討された際、同コーチは反対。福留との二人三脚で復調したにもかかわらず、今季からは主砲への指導は落合監督に任され、今季の肩書からは打撃担当が外れた。
 「落合監督と親しい高代さんと、自分が仲悪いのは皆、知ってると思う」との内情まで暴露。「仲良しチームにしないって、言ってたのに、今はどうなの? 公私混同もはなはだしい」とも非難した。
 中日は落合監督、高代コーチ、森バッテリーチーフコーチが在籍していた日本ハム、西武から、重点的に補強。今季も両球団出身のデニー友利、鳥谷部、上田がテスト入団するなど、ファミリー的なつながりを重視する落合政策を、ばっさりと切り捨てた。
 2年ぶりのリーグ制覇を果たしたにもかかわらず、今季限りで解任された首脳陣は、佐藤2軍監督、原打撃、山崎ブルペン担当コーチに続き、この日の長嶋、秦両コーチと計5人。不協和音を抱えていた落合竜が、日本一を逃したのは当然だったのかも知れない。
 ◆長嶋 清幸(ながしま・きよゆき)1961年11月12日、静岡県生まれ。44歳。自動車工(現静岡北高)から79年ドラフト外で広島に入団。84年の阪急との日本シリーズでは3本塁打を放ち、MVPを獲得した。その後、中日、ロッテ、阪神と渡り歩き、97年に現役を引退。阪神のコーチを経て、04年に落合監督に招かれ、中日のコーチに就任した。現役時代の通算成績は1477試合に出場し、打率2割7分1厘、107本塁打、448打点。170センチ、81キロ。左投左打。
 ◆落合体制でのコーチの退団者 落合監督が就任し、5年ぶりのリーグ優勝を達成したた2004年は、当初のヘッドコーチから投手チーフコーチに格下げになった鈴木孝政コーチが、6月に今度は2軍担当に降格。故障者の指導が目的と説明されたが、同監督との確執が伝えられ、その年を限りに退団した。同年オフには金田進捕手コーチ、山田和利野手総合チーフコーチ、川又米利打撃コーチが解任。V逸の昨年オフは主要ポストの退団はなかったが、今年はすでに同体制最多の5人の退任が決定。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。