スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷垣氏が小泉首相参拝を批判

2607_2.jpg

自民党総裁選への出馬を正式表明した谷垣禎一財務相は記者会見で、小泉純一郎首相が自らの靖国神社参拝を「個人の自由」としていることに関し「首相の内心の自由と行動は、外からみて分かりやすいのかという問題がある」と批判、首相参拝は自粛すべきだとの考えを重ねて強調した。
 谷垣氏はこれに前後し、自民党各派の領袖らを訪ね、出馬の意向を伝えるとともに支援を要請。丹羽・古賀派の丹羽雄哉代表は、総裁選後に同派、谷垣派、旧河野派の旧宮沢派(宏池会)系三派が結集する「大宏池会」構想実現を目指す考えを示し、谷垣氏も同意。古賀誠代表とは靖国問題で意見を交わした。
 伊吹派の伊吹文明会長との会談後、谷垣氏は記者団に「同じ京都府連の会長でもあり、協力をお願いしたい」と述べたが、伊吹氏は記者団に京都府連としての働き掛けには慎重な姿勢を見せた。

「首相公邸のカルガモのひなも三羽巣立った。もう飛んでいった」。小泉純一郎首相は閣議前、自民党総裁選への立候補を正式表明した谷垣禎一財務相にこう語りかけた。
 首相は公邸にすみ着いていたカルガモの巣立ちになぞらえ、ポスト小泉候補の谷垣氏、安倍晋三官房長官、麻生太郎外相の3人の一本立ちを見守る“親鳥”のような心境を示したようだ。
 谷垣氏が閣議前に、首相の靖国神社参拝に否定的な発言をしたことを念頭に「昨日は失礼しました」と述べたのに対し、首相は「そんなことないよ。頑張れ頑張れ」と応じ、カルガモの巣立ちに触れた。
 谷垣氏は閣議後、記者団に対し、カルガモ発言について「意味が分からなかった」。一方、安倍氏は記者会見で「よく三羽がらすと言うが、首相がどういう意図かは知らない。何となく連想したのかも」と苦笑していた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。