スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシム監督「将来の日本人監督をコーチに」

2006_37.jpg

次期日本代表監督に内定しているオシム監督が、騒動発生以来、初めて口を開いた。クロアチア紙「スポルツケ・ノヴォスティ」の独占インタビューに応じた同監督は「100%確実ではない」と就任に含みを持たせる一方で、「4年は長すぎる。私の考えでは2年プラス2年で、将来的に次の代表監督になる日本人を私に付けることだ」との契約条件を希望した。
 ―次期日本代表監督になるのか?
「話し合いは始まった。が、どんなエピローグとなるかは、私にはまだ100%確実なことではないよ」
 ―現在の状況は?
「日本サッカー協会は4年契約を提示した。協会はすぐに条件面の交渉も始めようと望んできたよ。条件面とはもちろん金銭のことだ。私は金銭がまったく条件でないことを強調した上で、こう言った。『ちょっとタイミングを待ってくれ。日本に私が到着してから話し合おう』とね。あなたたちも知っているだろうが、私の人生において金銭が物事を決める際に影響したことは決してない」
 ―何が重要なのか?
「日本人たちはこの先4年間の監督を探している。一つのワールドカップが終わってから次のワールドカップまで。4年間もだ! それは余りにも長すぎる期間だよ。私の考えでは2年プラス2年で、将来的に次の代表監督になる日本人を私に付けることだ」
 ―いつ、引き受けなくてはならないのか?
「すぐに。そのため川淵三郎氏は、もし別の解決策がないのならばこの先3か月間、代表も千葉も率いるようお願いしてきた。しかし、それは解決にならない。うわべだけで2つのポストに同時に座ることは、非常に不まじめなことだ」
 ―マクシミール(ディナモ・ザグレブ)のズラトブコ・マミッチ副会長は、20万ユーロ(約2920万円)でディナモのアドバイザーのポストを差し出そうとしたが。
「日本はとても遠く、ディナモのプレーを見られない人物の助言など役にも立たない。その20万ユーロをユースに投資した方がずっといいよ」
 ―ドイツW杯で、サッカーにおいて主要になっていることは?
「ダイナミックさだよ。ダイナミックにできる者は、どんな相手もやっつけられる。メキシコは信じられないようなプレーテンポで、アルゼンチンにも限界があることを示した。ドイツのテンポも一例だ。W杯で起こっていることは、プレーがどの方向へ進むかの指針となっている」
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。