スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の日の贈り物!さくら今季初V…ニチレイレディス最終日

1606_74.jpg

◆女子プロゴルフツアー ニチレイレディス最終日(18日、茨城・美浦GC) 横峯さくら=サニーヘルス=が3日間首位を守る自身初の完全優勝で今季初勝利を挙げた。4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73で通算6アンダーとし、昨年のミヤギテレビ杯ダンロップ以来のツアー通算3勝目。初のメジャー切符となる全英女子オープン(8月3~6日)出場権も手にした。16歳のアマチュア・金田久美子(愛知・クラーク高)は通算3アンダー4位。1打差2位には李知姫(フリー)が入った。
 初めて贈る父の日のプレゼントは優勝だった。さくらは父・良郎さんの目の前で「いいプレゼントになった」という今季初Vをささげた。良郎さんも「昨日、娘たちから何が欲しいと言われて『優勝』と言った。すばらしい」と感慨深げだった。
 12番を終え、3打のリード。楽勝ムードは、13番の第3打で吹き飛んだ。残り110ヤードからまさかのOB。ダブルボギーを叩くと、3組前で回る李が17、18番と連続バーディー。首位に並ばれた。だが、17番で4メートルをねじ込みバーディー。土壇場で勝負を決めた。
 違った重圧を受けてつかんだ勝利でもあった。「スコアがよくなくてもギャラリーがついてくれて、申し訳なかった」。宮里藍が米ツアーに参戦し、人気を一身に背負った。特に今大会は女王・不動裕理、賞金ランク首位だった大山志保も不在。その中で、16歳のアマチュア・金田や好調な韓国勢を振り切り、プロ入り初の完全Vで期待に応えた。
 良郎さんには、勝利を贈る一方で決別を宣言した。「もう父がバッグを担ぐことはない。今は電話でアドバイスを聞くのがいい関係」だという。昨年までは父に反発することでモチベーションを保ったが、今季は逆にやる気を失った。そこで2週前のリゾートトラストレディスから日下部英明マネジャーをキャディーに起用。13番のダブルボギー直後に「大丈夫。気持ちを切り替えて」と励ましてくれた新しい相棒を信頼している。
 今大会終了時の賞金ランク上位5人に与えられる全英女子オープン出場権を獲得。志願する父には「担いでもらいます」とキャディーを約束したが、初のメジャーを最後の“親子タッグ”にするつもりだ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。