スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェンキンスさんの自叙伝

00.jpg

新潟県佐渡市の拉致被害者曽我ひとみさんの夫ジェンキンスさんが、自伝を出版する契約を米誌タイムのジム・フレデリック東京支局長と交わしたことがわかった。
 フレデリック氏が著者となり、ジェンキンスさんのインタビューを記録する。北朝鮮に行った経緯や現地での出来事、来日後の佐渡での生活など、人生全般に関する内容になるという。
 米出版社から出版する予定だが、時期や契約額は決まっていない。ジェンキンスさんは米国に住む母ら肉親との再会を希望しており、出身地の米ノースカロライナ州を訪問する準備を進めている。
 ジェンキンスさんは昨年7月の来日後、同誌のインタビューに応じ、米軍を脱走して北朝鮮に行ったことを「人生で大きな過ちを犯した」と振り返った。
 曽我さんについては「彼女と会って私の人生は大きく変わった。手を取り合って、うまくやっていけると思った」と述べ「娘たちを北朝鮮国外に連れ出したのは正しい行いだった」とも語った
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。