スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮舫議員vs猪口少子化担当相、女の戦いヒートアップ

03080.jpg

参院予算委員会で民主党・蓮舫議員と猪口邦子少子化担当相が激突した。少子化問題についての質疑だったが猪口氏の「出産の無料化」発言をめぐり、両氏がケンカ腰で気色ばむ一幕に与野党ともヒートアップ。「無料化」が政府内の賛同を得られず足踏み状態でストレスまみれの猪口氏と、堀江メール問題の“敗戦処理”に追われる蓮舫氏のやり場のない怒りが、マドンナバトルに発展した形だ。
 蓮舫氏「出産の無料化について猪口大臣が発言したか確認したい」
 猪口氏「会見の議事録があります。議事録にあれば、そのように発言しています」
 蓮「帰って確認して来いというのですか」
 猪「コピーを持ってきました」
 蓮「持っているなら最初から出して下さい」
 参院予算委員会。ボードを持って質問に立った蓮舫氏と猪口氏とが発言の有無を確認するところから熱すぎるバトルが始まった。
 問題となったのは猪口氏の「出産の無料化」発言。今年1月13日に閣議後の会見で「フリーバース、誕生は“ただ”ということについて広く検討していくことは視野に入る」と発言したことに対して、少子化問題を持論とする蓮舫氏が確認を求めた。しかし猪口氏は単純に発言を認めることはせずに、回りくどい言葉で挑発気味に答弁。これに蓮舫氏がキレた。
 猪口氏のケンカ腰の受け答えには、同発言をめぐるひと悶着がある。1月13日に猪口氏が「無料化」発言した直後、会見した安倍晋三官房長官が「出産費用の無料化などの新たな方針を決めたわけではない」と即否定。川崎二郎厚生労働相にも「あのような打ち出しを、わが省がするわけがない」と言われる始末。触れてほしくない“古傷”を蓮舫氏に突かれた形だ。
 一方の蓮舫氏のイライラもピークに達している。党の広報業務を担当しているため、ここ数日は“永田問題”に対する問い合わせやテレビ出演の依頼などが殺到。「火消しに追われてます」とこぼしている。
 同僚の尻ぬぐいに忙殺された鬱憤は容赦なく質問にぶつけた。猪口氏が出産無料化は「あくまで要望のひとつ」と釈明し「無料化は財務相にお願いしたいところ」と財源不足に責任転嫁しても「発言する前に財務相とご検討いただきたい」と逃がさなかった。
 永田問題で防戦一方の民主党の中で一人、気を吐いた形の蓮舫氏。バトル終了後「大臣からはまともな答弁が帰ってこなかった」と相手を一蹴。一方の猪口氏は委員会後、大臣室に戻り淡々と業務をこなしたという。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。