スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平沢議員激怒「まだ永田氏を信用するのか」

03070.jpg

「なぜ民主は金銭やりとりなかったと言い切れる」
 「堀江メール」問題で自民党の平沢勝栄衆院議員が「まだ永田氏のことを信用するのか」と、民主党の鳩山由紀夫幹事長に疑問を投げかけた。「永田氏とフリー記者との間で金銭が動いた可能性が高い」と主張する平沢氏に対し、鳩山幹事長は「一切そういうことはない。平沢氏へ何らかの措置を求めたい」と話していた。平沢氏は「永田氏が会見で言った言葉をそのまま信じている。正しい裏付けを取ることが必要だ」と民主党の“懲りてなさ”を指摘した。
「堀江メール」問題
永田寿康氏が国会内で、自民党の武部勤幹事長に謝罪したことで、収束の方向に向かいつつある「堀江メール」問題。だが、フリー記者の正体や永田氏との関係など、肝心な事実は何も明らかになっていない。
 以前から、「永田氏とフリー記者の間で金銭が動いた可能性が高い」と訴えている平沢氏。これに対し、民主党は両院議員総会で「平沢氏へ何らかの措置を求めたい」(鳩山幹事長)としていた。
 自らの発言の根拠について、平沢氏は「政治的な陰謀としてはあまりにも稚拙で考えにくい。独自で調べた結果、『金銭をやりとりした可能性が高い』と言っただけ」と改めて説明した。
 そして民主党の対応に「なぜ『金銭のやりとりがなかった』と言い切れるのか。どうやって調べたのか。永田氏から聞いただけの可能性が高い」と指摘。「あらゆる可能性を考えるのは当たり前のこと。当事者だけの話だけでは危険。客観的な裏付け作業が必要だ」と疑問を投げかけた。
 鳩山幹事長に対しては「尊敬しているが」と前置きした上で、「こういう問題に慣れていない。金銭問題について『一切、そういうことはない』と言ったのは軽率で、今回の教訓が何も生かされていない」と批判した。
 今後の事実解明法として、〈1〉民主党が独自に調査、〈2〉証人喚問などの国会での追及、〈3〉捜査当局による調査、の3つを挙げた平沢氏は「フリー記者や情報提供者が本当のことを言うかは疑問。捜査当局でしか完全な解明はできない」としている。
 一方、民主党はフリー記者に対し鳩山幹事長が「何らかの法的措置」をとる発言をしている。しかし「告訴するのであれば、フリー記者の正体を明かすことになるが、なぜ国会の場で明らかにしなかったのか。国会の場で決着をつけるのが筋」と話すのは政治ジャーナリストの山村明義氏。「どういう形でどこまで追及するのか、きちんとした方針を決めてからやるべき」と“迷走”民主党へ助言した。
 平沢氏は「さらに事実が明らかになれば、もっとドロドロした事態になり、傷が大きくなる可能性がある」と“爆弾”をにおわせる。民主党にとって依然、いばらの道は続きそうだ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。