スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「拉致可能性」新たに18人

1.jpg
北朝鮮による拉致問題に取り組む「特定失踪者問題調査会」(荒木和博代表)は25日、「拉致の可能性を否定できない」として、新たに行方不明者18人の名前や経緯などを公表した。調査会が拉致の可能性を否定できないとしているのは計198人になった。これとは別に33人は「拉致の疑いが濃厚」としている。
 調査会によると、18人は1948年から2003年にかけ、北海道や兵庫県、京都市などで行方不明になった当時18―56歳の男性14人と女性4人。
 このうち平本和丸さん=失跡当時(20)=と敏昭さん=同(21)=の兄弟は朝鮮半島からの引き揚げ者。和丸さんは48年、大分県中津市の友人宅に滞在した後に失跡し、和丸さんを捜していた敏昭さんも50年、この友人の家に滞在後、消息を絶った。友人の所在は確認できていない。
 また調査会は、既にリストアップしている愛媛県出身の大政由美さん=同(23)=と新潟県出身の中村三奈子さん=同(18)=が韓国で行方不明になっていることから、韓国の新聞に広告を出すなどして情報提供を呼び掛けることを決めた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。