スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵便集配1000局で廃止 公社方針

02200.jpg

日本郵政公社は07年10月の郵政民営化のスタートまでに、主に過疎地や郡部にある約1000局の「集配郵便局」での郵便物の集荷・配達業務をやめる方針を決めた。集配郵便局は現在、全国に約4700局ある。政府は民営化に際して「原則として過疎地の郵便局は維持される」(竹中郵政民営化担当相)と公約していたが、集配停止で実質的なサービス水準が低下する地域も生じると見られる。
 集配業務をやめる1000局は窓口業務だけをする「無集配局」になる。対象となる集配局は、北海道や東北、中国地方が多くなる見通し。これに伴って規模の大きい約1100局を「統括センター」(仮称)に衣替えして郵便物集荷の中核拠点とし、現在よりも広域で集配をさせる。
 現在の郵便局の集配拠点の配置は「民間の宅配便業者などに比べて複雑で地域的な重複が多い」と指摘されてきた。郵政公社は民営化を機にこれを見直すことで、輸送にかかる費用や人件費などを「大幅に削減できる」と見ている。
 公社は全国の郵便局職員や労働組合などに対し、「集配拠点を効率よく再配置するのが目的で、配達などの住民サービスに影響はない」と説明している。これに対し労組などは、集配をやめる郵便局が多いと見られる過疎地や郡部で郵便物の集配頻度が減ったり、従来よりも配達に日数がかかったりするのではないか、と懸念を示す。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Hero - 2006年02月19日 16:59:01

郵政民営化反対派の議員の声が聞こえそうですね。
「だから反対したのに、何故離党勧告なの?」

- いちろう - 2006年02月19日 16:17:38

トラックバックします。興味深い内容です。参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。

トラックバック

田村伊知朗政治学研究室 - 2006年02月19日 16:18

地域の破壊ーー過疎地の郵便局削減

リンク: @nifty:NEWS@nifty:郵政公社、集配拠点1000局削減で

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。