スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武部氏側への送金、堀江容疑者がメールで指示 民主指摘

02170.jpg

衆院予算委員会で、民主党の永田寿康氏はライブドアの堀江貴文前社長が昨年8月26日の社内メールで、自民党の武部勤幹事長の次男あてに「3000万円振り込むよう手配してください。前回振り込んだのと同じ口座。項目は選挙コンサルティング費で処理してね」と指示していたと指摘した。永田氏は、武部幹事長と次男ら関係者の参考人招致を要求した。
 永田氏は質問後、国会内で記者会見を開き、8月26日の社内メールは「15時21分35秒」に発信されたものだ、と説明。入手経路については「関係者からある記者を通じて入手した」と語った。
 自民党は昨年9月の総選挙で、堀江前社長が立候補した広島6区に党公認候補を立てず、武部氏らが堀江前社長の応援で選挙区入りしている。
 永田氏は、総選挙とこの3000万円との関係について、当時、自民党の選挙対策を担当する総務局長だった二階経産相にただした。二階氏は「この問題については全く関知していない」と語った。
 武部氏はこれまで、次男と堀江前社長が知り合いであることは認めているが、次男への資金提供については全面的に否定している。
      ◇
 民主党の永田寿康議員が明らかにしたメールの主な内容は以下の通り。
 シークレット・至急扱いで処理して欲しいんだけど、おそくても31日できれば29日までに毅さん(武部幹事長の次男名)宛てに3000万円を振り込むように手配してください(前回、振り込んだ口座と同じでOK)
 項目は、選挙コンサルティング費で処理してね。
 問題があるようだったら、宮内の指示を仰いで。○○には、こちらからも伝えておくので心配しないで。
   @堀江
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。