スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳以上の受刑者急増、新規入所10年で2・6倍

01280.jpg

60歳以上の高齢受刑者数が急増し、2004年の新規入所者は10年前の約2・6倍に達したことが、法務省の調査で明らかになった。
 背景には、高齢者の犯罪、とくに再犯の増加があると見られる。最近は刑務所の過剰収容や経費増加が問題になっているため、法務省は受刑者の再犯を減らす対策づくりに乗り出す。
 同省によると、新規に入所した60歳以上の受刑者は、1994年は1181人だったのに対し、04年は3129人と初めて3000人を超えた。全体の成人受刑者に占める60歳以上の割合も03年で11%に達し、ドイツ(2・6%)、英国(2・8%)を大きく上回っている。米国は55歳以上の受刑者は3・1%にとどまっている。
 警察庁によると、04年の成人刑法犯のうち、60歳以上は5万6410人で、95年の2万341人の倍以上になっている。
 このため、同省は06年度から2年間かけて、高齢受刑者の実態に関する本格的な調査を実施する。具体的には、〈1〉入所回数が多い受刑者の傾向〈2〉受刑者の受刑に至った経緯や刑期、態度〈3〉受刑者自身の出所後の生活設計――などを調べる。
 法務省はすでに、高齢受刑者が出所後に社会に適応しやすいように、「高齢受刑者に軽作業中心の作業をさせる」「高齢受刑者専用の収容区画を設け、バリアフリー(障壁の除去)の環境を整える」などの対策を始めている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。