スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビー、場外乱闘 所属事務所訪れ「金よこせ!」

01260.jpg

史上最強のド素人”ボビー・オロゴン=ナイジェリア=の弟、アンディ・オロゴンがK―1デビューすることが発表された。「K―1ワールドMAX~日本代表トーナメント」(2月4日、さいたまスーパーアリーナ)でプロレスラーの飯伏幸太=DDT=と対戦する。アンディは「(一夫多妻制の)6番目のお母さんの3番目ぐらい」という31人兄弟だが、兄と性格は正反対。大ボケ発言はなく「みなさんが見たくなるような試合をしたい」とまじめ一辺倒。ボビーから「甘やかされてきたから、人生がどんなにつらいか分かってもらえる」と辛口エールを送られた。
その後、ボビーが大暴走した。所属事務所を訪れ、伊藤和之社長に面会を求めたが、ムルアカ氏と打ち合わせしていた社長が拒否。すると「金よこせ!」と叫び殴りかかった。関係者が制止すると「ハナセ!」とさらに激怒。社長には「ファッ〇ン!」と叫び押し倒した。机やいすを投げつけ、7人がかりでも抑えられないほど。スタッフが110番に通報。約15分間暴れムルアカ氏に制止されたが、パトカーが出動し、周辺は騒然となった。
 所属事務所によると、ボビーの担当マネジャー・ロッキー・サルムラカジョル氏が最近、会社に来た仕事を断り、裏で引き受けていたことが発覚したばかり。被害総額は数千万円だという。
 ボビーはバラエティー番組で珍妙な日本語が受けてブレーク。「K―1」にも2年連続で出場し、昨年末には元横綱・曙に勝利し“史上最強のド素人”の称号を得た。
 3年前からタレント契約となり、ギャラは歩合制で事務所・本人が折半。ロッキー氏は「仕事をとって何が悪い」と“裏取引”の事実にも開き直っている。契約はまだ2年残っているが、今後は法的措置も辞さない構えという。
 ボビーは毎月末、給料の説明を聞きに、事務所を訪れていた。この日も電話をしたが社長が対応せず、直接事務所に出向いた。ところが、ボビーの処遇について話していたムルアカ氏と社長から「お前は関係ない」といわれ逆上したという。
 原宿署で事情聴取を終えたボビーは、50人近く集まった報道陣に「ウォー、スゲエナ」とおどけて見せると笑顔でピースサイン。営業用の顔をつくったが「ご迷惑をおかけして申し訳ない」と流ちょうな日本語で謝罪。さらに「殴っていない。逆に殴られた。ムルアカだよ」と切れて出血した上唇を見せて“被害者”を強調しムルアカ氏に敵視をむき出しにした。警察で外国人登録証を提出したところ、1966年生まれであることが判明。7歳もサバを読んでいたことが発覚する“オチ”までついた。
 同署は「両者の言い分が違いすぎる。今後は事務所から被害届が出れば、対応する」とし、近く暴行容疑で書類送検する方針だ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。