スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮核宣言で米大統領

20050221062922.jpg

ブッシュ米大統領はホワイトハウスで会見し、北朝鮮の核兵器保有宣言について「事実なら朝鮮半島が非核化していないことになる」と批判。「友好・同盟国と対応を決める時期にある」とし、北朝鮮が六カ国協議への参加「中断」を表明する中、日本や中国などとの協議を緊密化する姿勢を強調した。
 大統領が核保有宣言に言及したのは初めて。近く予定される中国共産党幹部の訪朝を前に、北朝鮮への圧力強化を中国側に促すと同時に、大量破壊兵器の拡散防止策や麻薬取り締まり強化などで関係国との協調を深める考えを示唆したとみられる。
 レバノンの爆弾テロへの関与が疑われるシリアについては「拡大中東地域での(民主化や和平の)進展を乱している」と強く警告し、過去の国連安全保障理事会決議に基づき、レバノン駐留兵力の即時撤退を要求。
 さらに「(シリアは領内の旧フセイン政権の)バース党支持者を引き渡すべきだ」と指摘。イラクへの越境テロ阻止に協力するようアサド政権に決断を迫った。
 またイランの核問題で、欧州が求める米国の直接関与に消極姿勢を示した上で「(武力行使した)イラクとは状況が違う。国連安保理にも付託されておらず、外交に大きな余地がある」と述べ、欧州の外交努力を見守る考えを示した。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。