スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みの、「紅白」体当たり本番

12310.jpg

悲壮覚悟で挑む夢舞台
 大みそか恒例の「第56回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが東京・渋谷の同局で始まった。紅白終了後の1月1日に脊椎(せきつい)管狭窄症の手術をする司会・みのもんたは、足をひきずりながらNHKホール入り。本番は神経ブロック注射を打って臨む覚悟を明かした。
早朝のTBS系「朝ズバッ!」、お昼の日テレ系「おもいッきりテレビ」をこなした後、みのは午後3時にホール入りした。密着取材するNHKのカメラには笑顔で応えたが、痛みは隠しきれなかった。移動の際は足を少し引きずる様子で、ホール内での囲み取材には急きょソファが持ち込まれた。右太ももの外側をさすったみのは、「ビンビンきてるよ」と顔をゆがめた。
 脊椎管狭窄症は一般には座骨神経痛と言われ、神経が圧迫されることで足腰にしびれや痛みを感じる。本来なら11月に手術する予定だったが、「紅白が決まったから」と延期。主治医からは「終わったら即入院してください」とくぎを刺された。本番は一度打てば2日間は効果が持続するという神経ブロックへの痛み止め注射で乗り切る覚悟。さらに「万が一」に備え、主治医も会場で待機する予定だ。
 体は悲鳴をあげていても、いつもの“みの節”は健在だ。「3センチ近い台本の厚さは予想外だったけど、グイグイ場を盛り上げて、司会者が滅多にやらないサプライズを1時間ごとにやりますよ」。そして初の紅白、初のNHKホールにかける思いも口にした。「細かいところは山根基世アナさんにやってもらって、僕は歌い手さんと人生の話をしようと。それは台本にはない部分だからね。人生を感じさせる56回紅白にしたい」低迷続く紅白復活のため、視聴率男は文字通り体を張って本番に臨む。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

神のいどころ - 2006年01月01日 00:23

どこまで反日?NHK

「第56回NHK紅白歌合戦」で聴きたい曲を視聴者が投票する「スキウタ」アンケート。やっぱりNHKは受信料を払っている国民の意見などどうでもいいらしい。

話題沸騰☆税務と会計のビックリ箱~埼玉県川越市の大林税務会計事務所です! - 2005年12月31日 11:57

今年の紅白歌合戦はどんなビックリが待っているんだろう?

いよいよ紅白歌合戦ですね。和田アキ子が白組に回ったり、ゴリエも紅組に登場するといった話題作りもありますが、毎年、視聴率が落ちて人気はかつてより無いみたいですねさて、紅白歌合戦が税理士ブログのネタになるの?そんな疑問もあるでしょうが、ブログネタ....

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。