スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉歯氏立ち会い3時間46分、1か月ぶり帰宅

12220.jpg

耐震偽装全国100か所以上一斉捜索
 耐震強度偽装問題で、警視庁などの合同捜査本部は姉歯秀次元1級建築士の自宅兼事務所(千葉・市川市)など令状を取った117か所のうち、103か所の一斉家宅捜索を実施、約530人の捜査員を動員し、600種類以上の資料を押収した。ホテルなどを転々とする生活だった姉歯氏も、捜査員とともに自宅前に出現。3時間46分にもおよぶ捜査に立ち会った。建設会社やコンサルタント会社の関与など、ふくれあがる疑惑の核心に、いよいよメスが入れられた。
全国各地 捜査員合計530人
 事件のキーマンが、家宅捜索の行われる自宅についに現れた。姉歯氏は午前8時40分ごろ、捜査員を乗せた車に同乗して到着。待ち受けた100人近い報道陣にもみくちゃにされながらも、無言のまま硬い表情で玄関にたどりついた。捜査員に守られるようにして、今では「姉歯建築設計事務所 一級建築士事務所」のプレートがはがされたドアの鍵を自分で開け、一緒に屋内へと入った。静かな住宅街は、一時騒然となった。
 偽装発覚から1か月。国交省によると、19日夜の時点で姉歯氏が手がけた物件はマンション、ホテルを含め210件。そのうち78件で構造計算書の偽装が明らかになっている。これに姉歯氏は国交委の証人喚問で、木村建設(熊本・八代市)の篠塚明元東京支店長から「鉄筋量を減らすよう何度も言われた」と圧力があったことを証言。しかし当の篠塚元支店長は否定している。
 加えて自称オジャマモンこと小嶋進社長率いるマンション売り主のヒューザー、“黒幕”内河健所長のコンサルタント会社・総合経営研究所(ともに東京・千代田区)などが絡み、組織ぐるみの“悪”の可能性も浮上。初の強制捜査で、疑惑は真相解明へと動き出した。
 姉歯氏宅の捜索は3時間46分にもおよび、その後姉歯氏は捜査員とともに再び車で移動。午後1時20分ごろ、警視庁へと入っていった。この日はほかに前出の関係業者や社長宅、指定確認検査機関の「イーホームズ」(新宿区)なども捜索を受け、その数は1都5県の合計100か所以上に上った。警視庁を中心に、約520人態勢で事件に臨む合同捜査本部は、この日押収した資料を分析し、姉歯氏ら関係者から事情聴取。宅地建物取引法違反や詐欺容疑での立件も検討する。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。