スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核の地下実験か

20050216075600.jpg

国際原子力機関(IAEA)は、昨年から北朝鮮が実質的にプルトニウムの量産体制に入ったものとみており、核兵器保有宣言について「核実験に準ずるもの」(IAEA当局者)と深刻に受け止めている。
 「核保有」を実証するためには核実験が必要だが、IAEAはブッシュ米政権が軍事的圧力を強めるなど危機がエスカレートすれば、北朝鮮が保有宣言だけでなく、小規模な地下核実験に踏み切る可能性もあると分析。核拡散防止条約(NPT)体制が重大な危機にさらされるとしている。
 IAEAでは、NPTからの一方的な脱退宣言や、査察官の追放など挑発的な行動を繰り返す北朝鮮に対しては、イランやイラクの旧フセイン政権よりも厳しい見方が支配的。さらに一九九〇年代までに北朝鮮が蓄積した科学技術の分析から、核兵器開発もかなりのレベルに達しているとの見方をしている。
 しかし米国が主張するウラン濃縮による核兵器開発については、遠心分離機の調達などが困難なことから「計画があっても初期段階ではないか」(IAEA当局者)と否定的だ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Hero - 2005年02月17日 20:18:54

怖い国ですよ。拉致をしても平気な国ですから・・赤軍派の人もそこにいますね。

- ヴィオラ - 2005年02月16日 21:04:41

怖いですね。恐るべき北挑戦は何を考えているんだか?
地震も各地で起きているし(^^ゞ

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。