スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中韓両国との関係改善、首相「中長期的に」

11200.jpg

小泉首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議閉幕を受けて、釜山市内で記者会見し、自らの靖国神社参拝以来、悪化している中国、韓国との関係について、「中長期的にみて、両国との関係を悪化させないよう持っていく努力はしなければいけない。お互い時間がたてば理解できると思っている」と述べ、時間をかけて関係改善を図っていく方針を示した。
 首相は両国との関係について、「かつてないほど交流は拡大しており、相互依存度はますます深まっている。お互いの利益のためにも日中、日韓関係は極めて重要だ」と述べた。その上で、両国が靖国参拝に反発していることに関し、「一つの意見の相違があるからといって、全体の関係を損なうようにしないことが必要だ」と強調した。
 「靖国神社参拝は日中戦争や太平洋戦争の肯定につながるのではないか」との質問に対しては、「戦没者に哀悼の誠を捧げ、戦争の反省を踏まえて二度と戦争をしてはいけないということから参拝している」と反論した。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。