スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県警、フェロシルト不正製造で石原産業を捜索へ

060.jpg

大手化学メーカー「石原産業」(本社・大阪市)が土壌埋め戻し材「フェロシルト」に廃液を混ぜ、不正に製造していた問題で、三重県は同社が無許可の業者に産業廃棄物であるフェロシルトの処分を委託したとして、廃棄物処理法違反(委託基準違反)の疑いで、同社とフェロシルトを製造していた同社四日市工場(三重県四日市市)の元副工場長を同県警に告発した。県警は来週にも四日市工場など関係先を一斉捜索し、不正製造の全容解明に乗り出す。
 県によると、同社は、フェロシルトの販売を始めた2001年8月以降、販売先の業者に対し、「運搬料」の名目で、1トンあたり150円の販売価格を大幅に上回る1トンあたり約3500円を支払っていた。
 環境省の通達では、排出業者が現金を支払ってゴミを引き取ってもらう行為を「逆有償」とし、産廃と判断する根拠に挙げている。県は運搬料を払い続けていた行為を逆有償ととらえ、フェロシルトを産廃と認定した。運搬料は、同社が販売を中止する今年4月までに、総額で約25億円に上った。
 石原産業は告発に対し、「社として調査中で、事実関係が確認できていないので、コメントできない」としている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- Hero - 2005年12月11日 15:48:07

頑張れ寺町!!
応援してますよ。

- てらまち - 2005年12月10日 14:45:08

こんにちは。

フェロシルト問題、先日石原産業の問題の製造ラインや三重県の処分場などを見学してきました。感想と、たっぷりの写真でルポしました。
三重県と石原産業の密着ぶりを改めて感じました。

何回かに分けましたので、シリーズのトップをトラックバックしますね。

トラックバック

てらまち・ねっと - 2005年12月10日 14:46

◆石原産業のフェロシルト製造ラインの見学に行ってきます。環境事業団の三田処分場も。

 28日、石原産業は岐阜県に撤去計画書を持参しました。しかし、県指定の期限である2月28日までに完了しないかもしれない旨なので、受理しなかったと報道されています。 また、三重県は8月末の期限を厳守するよう指示したとされています。 さぁ、いよいよ今日は、フ

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。