スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスト小泉一番手に竹中氏急浮上

10300.jpg

小泉純一郎首相による内閣改造・自民党役員人事が迫った。最大の焦点は後継者と目される通称「麻垣康三」4人の処遇だが、政治ジャーナリストの山村明義氏は「次の財務相が財政構造改革に成功すれば、9割方は首相になるだろう」と財務相が“ポスト小泉”一番手と指摘。その上で竹中平蔵経済財政担当相が「急浮上している」と、緊張高まる永田町ストーブリーグ最前線を分析した。
 経済財政諮問会議。政府系金融機関の改革について、出席閣僚に意見を求めた小泉首相が突如、怒りを爆発させた。矛先が向いたのは、改革に対する慎重論を口にした谷垣禎一財務相と中川昭一経産相。首相は2人を「抵抗勢力」とまで厳しく批判したという。
 谷垣氏は麻生太郎総務相、福田康夫前官房長官、安倍晋三幹事長代理とともにポスト小泉の有力候補「麻垣康三」の1人。だが、組閣5日前のタイミングでの失態は致命的。「これで谷垣氏の財務相留任は消えた」と山村氏は言う。
 実は、組閣を間近に控えた永田町では「次の財務相が首相だ」の見方が強くなっている。税制改革、政府系金融機関統廃合といった財政構造改革など、難題が山積の財務相。山村氏は「郵政法案は成立したが、まだ、財投改革は手つかずで残っている。首相は『構造改革を実現するため、ぜひともやりたいんだ』とかねてから語っていた」という。
 来年9月の任期まで最後の構造改革を進めるためにも、首相が財務相を最重要視しているのは確実。そこで改革を成功させることが前提だが、「9割方財務相が次期首相になるだろう」(山村氏)。「麻垣康三」4氏にとっては、のどから手が出るほど欲しいポストという訳だが、ここへ来て“伏兵”が現れた。
 「谷垣氏の脱落で、次に有力なのは麻生氏だが、あくまで2番手。実は郵政法案の実績を首相が評価している上、本人も意欲満々という竹中氏が急浮上していて、いまや最有力候補です」と山村氏。参院初の首相候補にもなる「平蔵」が「麻垣康三」を抜き去るのだろうか。答えは首相の胸の内だけにある。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

e B e t@eBet - 2005年10月31日 12:40

内閣改造予想 : 財務大臣は誰に

11月2日に予定されている次期内閣改造において、財務大臣になる人を予想してください。注: この問題は早期終了になる場合がございます。

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。