スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リーダーとして当然」「極めて遺憾」…参拝に賛否

10180.jpg

小泉首相の靖国神社参拝について、与野党から賛否両論が出ている。
 自民党の武部幹事長は「平和を守り、二度と戦争を起こさない不戦の誓いを表したものと受け止めている。私的な参拝と理解しており、尊重したい」と記者団に語った。
 安倍晋三幹事長代理は「国のために殉じた方に尊崇の念を表するのはリーダーとして当然だ。誰が首相になってもその責務は果たすべきだ」との談話を発表した。
 日本遺族会会長の古賀誠・元幹事長は「全国の戦没者遺族、遺族会にとって大変喜ばしい」と記者団に述べ、評価した。
 一方、加藤紘一・元幹事長は山形市内で、記者団に対し、「参拝に行くべきでなかった。日中関係の悪化は避けられない」と懸念を示した。
 公明党の神崎代表は、「誠に残念だ。連立解消まではいかないが、多少影響はある」と批判した。
 民主党の前原代表は、「極めて遺憾だ。慎重な対応をしてほしかった」と記者団に語った。共産党の志位委員長は記者会見で、「首相としての資格と責任が厳しく問われる」と強調。社民党の又市幹事長は「極めて遺憾で、厳重に抗議する」と記者団に語り、首相を批判した。
経済同友会の北城恪太郎代表幹事は「我が国の国益を損なう恐れがあることを認識し、近隣諸国に理解を得るための外交努力が行われることを望みたい」とし、日本商工会議所の山口信夫会頭も「日中、日韓関係は極めて重要なので、外交ルート等を通じて改善に全力を挙げて欲しい」とするコメントを発表した。
 一方、日本経団連の奥田碩会長は「国際関係などに配慮されたうえ、私的に参拝されたものだと思う」と述べた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

マスコミが伝えない 韓国 - 2005年10月21日 14:58

小泉首相靖国参拝

日小泉首相、靖国参拝強行 小泉純一郎日本首相が17日午前、靖国神社を参拝した。 小泉首相の靖国参拝は2001年就任から5度目だ。韓国と中国は靖国神社にA級戦犯が合祀されていることから機会ある度に参拝の中止を促してきた。 小泉首相が近隣諸国の力強い要請を

我楽侘箱の世界 - 2005年10月19日 20:56

風呂上りの小泉純一郎

Koizumi―小泉純一郎写真集小泉首相が靖国神社に参拝したようですね。今回は私的色を強めた参拝だそうで、いわばプライベートということですかね~そんな小泉首相のプライベート満載の写真集があります。幼少期から総理大臣就任後の活躍ぶりまでの写真...

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。