スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神と村上氏が来週トップ会談

10070.jpg

阪神電気鉄道の西川社長が来週に、筆頭株主となった投資ファンド(通称・村上ファンド)を率いる村上世彰氏とトップ会談することが分かった。
 株式の買い増しで経営権の掌握も視野に入れている村上氏に対して、阪神電鉄側が不動産の有効活用を含む企業価値の向上策を提示する。
 阪神電鉄は買収防衛策の検討を始めているものの、村上ファンドが既に株式の38%超を保有する大株主であることにも配慮し、今後の経営戦略を説明する必要があると判断したもようだ。
 関係者によると、阪神電鉄は、大阪・梅田の一等地にある商業施設といった優良な不動産を、売却などで収益につなげる案を検討している。村上ファンドが要求した阪神タイガースの株式上場についても、全面拒否するのではなく、今後の検討課題とする見込みだ。
 村上ファンドの意向を探るため、すでに阪神電鉄役員らはファンド側と接触を重ねている。当初は、今週中にも会談する予定だったが、具体策の内容を詰めるのに時間がかかっており、来週にずれ込んだ。
 阪神電鉄は大和証券SMBCと財務アドバイザリー契約を結び、発行株数を増やしてファンドの持ち株比率を引き下げる第三者割当増資といった対抗策も、並行して検討している。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。