スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太蔵議員、民主・前原代表に拍手しちゃった

09300.gif

「幅の広い男」は違う 敵の大将登壇にエール
“タイゾー節”連発により、異例のざんげ会見を行ったばかりの自民党・杉村太蔵議員が衆院本会議で行われた代表質問で民主党・前原代表に拍手してしまうハプニングがあった。太蔵氏は「覚えてません」と言いながらも、小泉首相の答弁には「とても勉強になりました」と目を輝かせた。前日の“所信表明”会見以降、すっかり報道陣からも追われなくなり、衛視のガードも解けた太蔵氏だが、“脇の甘さ”はまだ残っていた!?
さっそうと歩いて登壇する前原氏に、拍手と歓声でわき上がる民主党の議席。その遠く離れた自民党議席最端の最前列で一人、手をたたく議員がいた。
 「パチパチパチ…」力無く拍手していたのは、前日の会見で「心を入れ替えた」太蔵氏。相手“大将”の登場に、自民党議員が沈黙を作る中での単独行動となってしまった。
 新人議員として異例となった“所信表明”を27日に行った太蔵氏。「死ぬ気で勉強していきます」と宣言して頭を下げていた。ところがこの日、4時間以上にわたった本会議では、かしこまった姿勢を崩し、退屈そうなしぐさをみせることもしばしば。これまでさんざんおしかりを受けた武部幹事長の質問の際には、足を組んで聞く“大物ぶり”も見せた。
 だが、あまりの長丁場にコックリコックリと居眠りを始めるベテラン議員や新人議員もいる中、太蔵氏は目を見開き続けた。小泉首相の答弁では何度も拍手。本会議後「大変、勉強になりました。長い時間でしたが、思ったよりあっという間でした」と目を輝かせた。
 前原氏への“エール”については「えっ!?」と絶句。かつて高校時代、テニスで国体制覇を果たしただけに敵にも敬意を払うスポーツマン精神が無意識に出てしまった可能性もある。「いや、覚えていません」と頭をかいた。
 これまでの本会議後は多くの報道陣に囲まれ、衛視もついていたが、この日のガードはゼロ。「昨日の会見ですべてをさらけ出しましたから」とすっきりした表情も見せた。初登院の際「ありのままでいけ」とアドバイスした両親には、会見の様子を見て「いいんじゃない」と太鼓判を押されたという。
 破天荒な言動をした当選直後と突然“優等生”に変身した現在も総括して「私は幅の広い男ですから」とこの日も強調した太蔵氏。だが本会議後、片山さつき氏、藤野真紀子氏、石原宏高氏らほとんどの注目新人が出席した党の勉強会に参加できなかった。「予定を確認できていませんでした。本人はプライベートな時間に入ってしまいました」と慌てる事務所。模範的発言からルーズな一面まで、言葉通りの幅の広さを見せていた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。