スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致被害者の署名活動

20050210074847.jpg

北朝鮮による拉致被害者の早期救出を求める署名がついに五百万人分を超えた。拉致被害者家族会と救う会は署名の目録を首相官邸に提出し「この大勢の声をくみ取って」と拉致問題の全面解決を訴えた。
 署名は、家族会が結成された一九九七年から、支援者の協力を得て八年がかりで集めた。家族も全国各地の街頭などで協力を呼び掛けた。
 「家族会発足当時は、一人の署名を頂くのにも四苦八苦した。五百万は莫大な数字。まさに隔世の感がある」。家族会事務局長の蓮池透さんは振り返った。
 同会代表の横田滋さんは「最初は何とか十万人分を集めようと思っていたが、積み重ねでここまできた。政府は、国民の気持ちを受けて強力に被害者の救出を進めて」と語る。
 同副代表の飯塚繁雄さんは「数の重みを感じている。これだけの署名は問題解決への相当な力になる」と期待を込めた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。