スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙後政権「自民中心望む」64%…ネットモニター

09070.jpg

選挙後は自民党中心の政権が望ましいが、自民、公明両党による現在の連立政権はあまり好きでない――。衆院選第2回ネットモニター調査で、こんな結果が明らかになった。
 衆院選後の政権の枠組みについて、「自民党中心の政権を望む」と答えた人は64%にのぼり、「民主党中心」の26%を引き離した。
 一方、現在の自公政権を「好ましい」と答えた人は36%にとどまり、「そうは思わない」の64%をはるかに下回った。「自民党中心の政権を望む」と答えた人でも、自公政権が「好ましい」と回答したのは53%だけだった。
 中小の政党が党の規模以上の影響力を持つことがある「連立政権」への抵抗や、宗教団体を支持母体とする公明党に対する違和感などが原因と見られる。
 ただ、2004年参院選の公示後のネットモニター調査では、自公政権を「好ましい」としたのは23%で、1年前よりは好感度は高まっている。
 また、「民主党に政権担当能力があるかどうか」を聞いたところ、「ある」と答えたのは32%で、「そうは思わない」が68%に達した。年齢別では、20~40代では「ある」が30%台だったのに対し、50代以上では20%台だった。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

びんごばんごBlog - 2005年09月10日 19:20

自公の政権担当能力は高いのか?

これまでの実績に基づいて「政権担当能力」において自民党は民主党よりも優位性があると言われている。 だが過去の実績の中身をみると、議員提出法案ではなく、政府提出法案(内閣提出法律案)の法制化が大半を占めている。官僚が作った法案に賛成して遅滞なく法制化する力

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。