スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院解散、総選挙へ…9月11日投票

08090.jpg

小泉内閣が最重要課題としていた郵政民営化関連法案は参院本会議で、民主、共産、社民の野党各党の反対に加え、自民党からも反対や欠席・棄権が相次ぎ、法案は賛成少数で否決された。
 自民党からの造反は30人に上った。否決を受け、小泉首相は党臨時役員会で、衆院解散を断行する考えを表明した。その後、首相は公明党の神崎代表との与党党首会談に臨み、衆院を解散する考えを伝えた。
 選挙日程は8月30日公示、9月11日投票となる。自民党執行部は法案反対者は公認しない方針で、同党は事実上の分裂選挙に突入する。これにより、今回の衆院選は、小泉改革への評価を争点に、政権交代の是非を問う「政権選択選挙」となる。参院本会議は、6法案を一括して記名採決した。賛成108、反対125だった。自民党では、倉田寛之、中曽根弘文の両氏ら22人が反対票を投じた。山内俊夫氏ら8人が欠席・棄権した。
 小泉首相は参院本会議後の自民党臨時役員会で、衆院解散の意向を示した上で、「反対派は公認しない。全選挙区に候補を立てる」と明言した。衆院選では、郵政民営化の是非などについて、国民に信を問う考えだ。
 政府は臨時閣議で解散を決定。その後、衆院本会議で解散詔書が朗読される運びだ。「8月30日公示、9月11日投票」の日程で選挙準備作業を急ぐ。衆院解散は、2003年10月以来、1年10か月ぶり。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

社長の本音日記 - 2005年08月09日 06:46

歴史に残る愚挙 郵政民営化解散

郵政民営化法案が大差で参議院で否決され、小泉総理は衆議院を解散、総選挙となりました。産経新聞「郵政法案、大差で否決 自民から多数の造反」http://www.sankei.co.jp/news/050808/sei036.htm小泉総理は造反者を公認せず、対立候補まで立てるということを明言

ココカロ - 2005年08月09日 06:40

郵政民営化選挙

いよいよ、郵政民営化選挙のスタートだ。今回は、大荒れの選挙になる。文字通り自民党をぶっ壊した小泉さんと、その反対の旗頭になってしまった亀井静香。どちらも声が大きく、まあ一般的に言うところの変人(?)二人。古賀誠さんなどは、ちゃっかり最後は上手く自民党に体

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。