スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院自民「反対16・欠席2」…8日の郵政成立微妙に

08060.jpg

郵政民営化関連法案が8日の参院本会議で成立することが微妙な情勢となった。
 自民党参院議員に対する動向調査で、16人が法案に「反対」、2人が「欠席・棄権」を明言した。現時点では法案が否決される可能性が出ている。自民党執行部は、法案否決となれば衆院解散・総選挙となるのは確実だとして、採決ぎりぎりまで反対派に対する説得工作に全力を挙げる。
 野党全員が反対することを前提とすれば、自民党から18人が反対票を投じれば、法案は否決される。
 動向調査によると、反対や欠席・棄権を明言した議員以外に、「法案に反対する可能性がある」と回答した議員は4人。このほか、態度未定と回答した議員は20人に上っている。欠席2人で反対1人と同等の効果を持つため、未定議員から欠席者が相次げば、「否決ライン」を突破することになる。
 7月末の前回調査では、14人が反対、2人が欠席・棄権を明言していた。反対派の勢いは増している状態にある。
 一方、5日には、これまで態度未定としていた議員から法案反対を明言する議員が相次いだ。
 参院亀井派会長の中曽根弘文・元文相は法案に反対する意向を記者団に明らかにした。中曽根氏は「解散をちらつかせ、真の議論を封殺することは、参院の審議権や独自性を侵害する」と述べ、小泉首相の政治手法を法案反対の理由に挙げた。これを受けて、同派の狩野安、大野つや子の両参院議員も法案に反対する意向を記者団に表明した。
 また、同派の柏村武昭防衛政務官は国会内で、「法案に反対せざるを得ない。小泉首相が衆院解散と言えば何でも通るのか」と述べ、防衛政務官を辞任する考えを明らかにした。柏村氏はその後、大野防衛長官に辞表を提出しようとしたが、大野長官は受理しなかった。 http://blog.livedoor.jp/ken123atara456/tb.cgi/29700341
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

社長の本音日記 - 2005年08月06日 08:19

日本に戻って見れば...

何だか非常に慌しくてVACATIONとは程遠かった(目的が違ったので仕方ないのですが)ハワイでの日程を終えて東京に戻りましたが、いやあ暑いですね。ハワイも特に午前中の紫外線の強さは相当なものですが、日本の蒸し暑さに比べたら爽やかなものでした。ちょうど広州から

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。