スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部空港、見学者が搭乗口まで逆流…防止策機能せず

06290.jpg

中部国際空港(愛知県常滑市)の国内線で今月9日、空港見学者が到着ロビーから入り込み、保安検査を受けた人しか入れない出発ロビーまで逆流していたことが分かった。
 逆流防止ゲートのセンサーが感知せず、警備員も気づかなかった。国土交通省ではハイジャックを防止するため、国際、国内線とも逆流防止対策を講じるように指導しており、事態を重く見た同省は空港会社に早期の改善を求めた。
 空港会社によると、9日午後4時30分ごろ、空港見学に訪れた名古屋市内の男性が、2階到着ロビーから、手荷物受取所奥の逆流防止ゲートを通り抜け、エスカレーターで3階にある出発ロビーの搭乗口付近まで行った。
 男性が約50分後、保安検査員に「迷ってしまって出られない」と訴えたことから分かった。到着ロビーと出発ロビーの間には、逆流を防ぐゲート、到着ロビー側からは開かない自動ドアが設けられているが、男性は到着客が通った時に、その脇を通り抜けていた。近くには警備員が1人いたが、逆流に気づかなかったという。
 同空港では「想定外のことで、急きょ警備員を増やして対応している。さらに逆流防止ゲートのセンサーを増やすなどの改善策を講じていく」としている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。