スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致問題、6カ国協議で北朝鮮に申し入れ・官房長官

睡蓮

細田博之官房長官は記者会見で、北朝鮮との間でこう着状態に陥っている日本人拉致問題を打開するための方策について、「粘り強く働き掛けねばならない。当然、6カ国協議では先方が日本と顔を会わせる訳だから、その時に強く申し入れる必要もある」と語った。
 拉致被害者家族会などが発動を求めている経済制裁を巡り、実施すれば6カ国協議に悪影響が出るとの見方に対しては、「そんなことはない」と否定。ただ「全体の動き、今後の核開発の動き等で関係国がどのように合意しうるかは制裁に関連して、1つの課題ではなかろうか」と6カ国協議との関連も無視できないとの認識も表明した。さらに、「まだその前段階」と付け加え、現時点での経済制裁発動は時期尚早との判断を明確にした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。