スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警官拳銃奪ったブラジル人兄弟ら逮捕

王子バラ園

多治見市で県警多治見署の巡査が実弾入り拳銃を奪われた事件で、県警特別捜査本部は強盗傷害容疑で指名手配していたブラジル人の兄弟を逮捕した。さらに知人のブラジル人の男も犯人隠避の現行犯で逮捕した。
 多治見署に護送し、拳銃を奪った経緯や逃走経路などを追及している。
 逮捕されたのは、兄弟の愛知県豊田市美和町、職業不詳エグチ・ジョルジ・エドガル・デ・ソウザ、同県瀬戸市萩山台、同エグチ・マウロ・デ・ソウザ両容疑者と、静岡県浜北市高畑、自称会社員マツモト・アレクサンドレ・サチル容疑者。
 調べによると、兄弟は5月13日夜、多治見市内で盗難ダンプカーを運転中にパトカーに発見され、逃走先の同市京町の空き地で、追跡してきた巡査の拳銃を強奪、右手中指を骨折するけがを負わせ、逃走した疑い。両容疑者が奪った拳銃は、5月15日に奈良県山添村の郵便ポストに実弾とともに投函されているのが見つかった。
 特捜本部は、静岡県浜松市内で見かけたとの通報を受けて捜査員を派遣、捜索していたところ、5日午前2時45分ごろ、JR浜松駅前の路上で、マツモト容疑者の乗用車に乗っていたジョルジ容疑者を発見。浜北市のマツモト容疑者のマンションにいたマウロ容疑者を取り押さえた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。