スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六者協議

20050130154036.jpg
ロシアのインタファクス通信は北京の北朝鮮外交筋が、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議について、2月後半にも再開できる可能性があるとの見通しを示したと伝えた。この外交筋は同通信に対して「米国の姿勢にいくつかの肯定的な動きが認められる」と指摘した。

訪韓中の佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長はソウル市内の韓国外交通商省でパク・チュンウアジア太平洋局長、趙太庸・北朝鮮核外交企画団長らと相次いで会談し、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議の再開問題などについて意見調整した。
 佐々江局長は、6者協議の日本側首席代表を務めた薮中三十二・前局長(現外務審議官)の後任として今月、就任したばかり。佐々江局長によると、会談で日韓は「できるだけ早く6者協議を開催し、建設的な話し合いをしていく必要がある」ことで一致した。日韓関係筋によると、会談で日本側は日本人拉致問題を巡る最近の日朝関係について説明したという。

細田官房長官は記者会見で拉致被害者横田めぐみさんの「遺骨」についての日本側鑑定結果は捏造(ねつぞう)だと北朝鮮政府が回答してきたことについて「全く納得できない対応だ」と批判した。さらに、「経済制裁を含む対応は十分協議が必要だろう。ただ、まず誠実な対応を先方に求めることだ」と述べた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。