スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPEC議長、減産を示唆・原油先物相場の下落懸念

春日井植物園

石油輸出国機構(OPEC)のアフマド議長はクウェートでロイター通信などに対し、「原油在庫が加盟国の許容範囲を超えて増えれば、6月15日の次期総会以降に生産量の抑制に動く可能性がある」と減産を示唆した。OPECの積極増産によって米国の原油在庫がほぼ6年ぶりの高水準に膨れあがり、原油先物相場の下落が続いていることを懸念しての発言とみられる。
 アフマド議長によれば、現在のOPEC加盟11カ国の生産量は日量3300万バレルと、フル生産に近い。ただ、3月からの増産で米国などの原油在庫が急回復、需給ひっ迫感が薄れたため、欧米の原油先物相場は最近1カ月半で1バレル10ドル強も値下がりした。加盟国首脳の間では市況の大幅な下落が続くことを警戒し、早期の減産を求める声が強まる可能性がある。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。