スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮のミサイルの標的は米軍基地

春日井植物園

自民党の安倍晋三幹事長代理はローレス国防副次官が安倍氏との会談で、北朝鮮が新たなミサイル開発を進めていると明言していたことを明らかにした。ワシントンで同行記者団に語った。
 安倍氏によると、副次官は「北朝鮮は中距離弾道ミサイル・ノドン以外の中距離弾道ミサイルを開発し、さらに第3のカテゴリーのミサイル開発も進めている」と指摘。1日に日本海に向けて発射された短距離ミサイルについて「新しいシステムの一環ではないかと見ている」と述べた。
 同時に「北朝鮮は25年間にわたりミサイルや核の開発をしており、ある程度の成果が出ているかもしれない」として、北朝鮮のミサイルに対する防衛策強化の必要性を強調した。

北朝鮮が1日、同国北東部から日本海に向け短距離ミサイルを発射した問題で、韓国の有力紙、中央日報は08年末までに中部・平沢に移転予定の米軍基地を標的にした発射実験の可能性があると韓国政府が分析していると報じた。韓国軍関係者の情報としている。
 軍などがミサイルの軌跡を分析。射程70キロのフロッグミサイルを改良したか、短距離弾道ミサイルのスカッドを小型化した新しいモデルで、命中率を高めるため慣性航法装置を装着したと推測した。ソウルにある米軍基地はフロッグミサイルの射程内だが、移転先の平沢は軍事境界線から百数十キロ離れており、スカッドでは攻撃が難しいとされている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。