スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致問題解決への協力求め

春日井植物園

北朝鮮による拉致被害者家族会の増元照明事務局長が拉致問題解決への協力を米政府関係者らに要請するため、ワシントンに到着した。
 拉致問題解決まで北朝鮮への人道支援以外の援助を禁じる北朝鮮人権法成立に尽力した下院外交委員会のハイド委員長(共和党)と会談。国務省のデトラニ朝鮮半島担当大使、国防総省のヒル日本部長と個別に会い、米政府の一層の協力を要請する。
 増元氏は、北朝鮮の人権侵害を強く非難する米国の非政府組織(NGO)などが呼び掛けて開催中の「北朝鮮自由週間」のイベントにも参加。米市民にも拉致問題解決の必要性を訴える。北朝鮮による拉致被害者家族会の増元照明事務局長はワシントンの連邦議会で、下院外交委員会のハイド委員長(共和党)と会談。委員長は拉致問題の早期解決を求める議会の決議案を準備していることを明らかにし、一層の協力を約束した。
 増元さんは「日本政府の動きが感じられず、膠着状態なので、米国の協力は心強い」と謝意を表明。核問題だけでなく、拉致問題解決に向けても、米国が北朝鮮と友好関係にある中国に圧力をかけるよう要請した。
 増元さんによると、委員長は、北朝鮮が核実験などの行動に出た場合は「国連安全保障理事会での経済制裁論議が待っている」などと指摘。日本単独での経済制裁についても「可能だ」との認識を示したという。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。