スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫のJR脱線事故

植物園
兵庫県尼崎市のJR福知山線で25日朝に起きた快速電車の脱線事故はJR発足以来最悪の惨事となった。
 市消防局は救出作業を続けているが電車の高見隆二郎運転士は見つかっていない。
兵庫県警は業務上過失致死傷事件とみて尼崎東署に捜査本部を設置。電車の松下正俊車掌やJR西日本関係者から事情を聴いている。近く同社本社などを家宅捜索する方針。
 同社は午後、現場近くに石が砕けた跡(粉砕痕)があったと発表。置き石とみている。
 JR西日本によると、7両編成の電車は先頭から4両目までに加え、5両目も脱線した。
 粉砕痕は最後尾の約5メートル後方のレール上にあり、同社社員が確認した。砕けた跡の約10メートル先から電車が衝突したマンション付近まで約60メートルにわたり、枕木などに傷が付いているため、同社はマンションの手前約60メートルで脱線したとみている。
 ただ事故の3分―4分半前、別の電車が通過した際に異常なかったといい県警は関連を調べる。
 また現場のカーブに脱線防止レールはなく、列車自動停止装置(ATS)は設置されているが、速度超過で自動ブレーキがかかるシステムではなかった。
 事故は午前9時20分ごろに発生。伊丹駅から尼崎駅に向かっていた快速電車は脱線した上、マンションなどに衝突した。
 ステンレス製の車体は「く」の字に曲がり、マンションの壁面にへばりつくような状態で大破。2両目が1両目の上に乗り上げた状態となった。
 直後に車掌から携帯電話で指令室に「非常ブレーキがかかったようだ。脱線事故だ」と報告があった。電車は伊丹駅をオーバーランし、1分30秒遅れで走行中。事故の直前、指令室は無線で高見運転士を2度呼んだが、返答はなかった。
 高見運転士はこれまでにオーバーランや居眠り(車掌時代)などで訓告や厳重注意処分を計3回受けていた。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

アメリカ留学奮闘記 - 2005年04月26日 14:24

JR脱線事故

今日、朝一番のクラスで、教授からこの事件を聞きました。地元(神戸)に、非常に近い場所で、しかも、日本での隣人が同志社に通っている等、ニュースを見たときは、背筋に冷たいものを感じました。親戚、友達に、現在メールで無事の確認をしていますが

URL :

プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。