スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検体サンプル研究機関、事業仕分け、どう考えても必要な機関

m280002.jpg


ビルコンというドイツ製薬会社が作っている強力消毒液の取り合いのようです。10年前の口蹄疫の時は初動で2000本、1カ月で10000本のビルコンが国の財源と指導の下配られた。口蹄疫ウイルスより感染力の強い鳥インフルの時もこれを大量に散布し封じ込めた。このビルコン、今年4月半ばからのアイスランドの噴火によるヨーロッパの空港閉鎖で国内の在庫がかなり少なくなっていた。 そこに口蹄疫。在庫の奪い合いになり、一瞬でなくなった。

宮崎の口蹄疫殺菌の救世主になる強力さ。殺菌力はそこらの消毒液の5000倍はあるビルコンという消毒薬で、害が少なく効果は絶大という優れもの。農水省が非常時に備えて5000本ストックしていましたので、これを使えば予防できるということで放出を地元の徳田議員が国に要請しましたが、「非常時かどうかは大臣が判断する!」と言って何もせず。その間も被害拡大しました。その時、赤松大臣、ゴールデンウィークは南米満喫旅行に出掛けてしまいました。
一切責任はないと云っていますが・・・・赤松農相と福島臨時代理による初動の誤りで、罪なき家畜が数十万頭単位で殺されている。「処分」という判断を下すだけで、畜産農家の心情は顧みられることはない。口蹄疫被害という人災だ。赤松大臣は開き直り、福島大臣はほおかむりと、政治の説明責任を果たすそぶりはまったくない。

口蹄疫殺菌の消毒剤確保に政府が何もしないので製薬メーカーが頑張って1500本確保して5月3日に手に入れる事が出来ました。そこで出てきた売国政治家の小沢一郎と岡田克也の二人が、「口蹄疫は日本だけの問題ではない!」と500本を無償で中国と韓国にプレゼントしたようです。残った1000本の内の500本、さらに小沢が口蹄疫が発生していない地元の東北に確保し、九州に来たのは残りの500本、そのうち半分は大手業者が確保。

さらに、宮崎の民主党議員の河村が自分の支持者に50本を横流し、結果、そんなこんなであちこちにピンハネされ‥爆心地、川南へ最終的に届いたビルコンはたったの20本が届きました。

検体サンプル研究機関、事業仕分けの対象、どう考えても必要な機関と思うが・・・・

ちなみに、宮崎の民主党議員が、韓国の口蹄疫が発生している地域からの研修生を強引に押し込んだ農家から発生した模様???又、口蹄疫の発生原因の可能性があり輸入停止していた飼料用ワラが、民主党政権になった途端に輸入が再開されこの飼料用ワラも原因かも?って言われてます。

今回の件は国民にとって凄く大事なことなんですけど、最近までほとんど報道されてませんでした。宮崎では毎日してましたが、民主党による人災というのがバレてしまうから、民主の原口大臣が報道規制を掛けてたようです。

手塩にかけて育ててきた牛や豚を目の前で殺す・・・とても酷い状況です。妊娠中の母親から生まれたばかりの子供まで全てです。」
スポンサーサイト

小沢氏「俺が作った政倫審」でみそぎ狙う

75.jpg


民主党の小沢幹事長は、自らの資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件に関し、衆院政治倫理審査会で事実関係を説明する意向を示した。
 野党は、これを機に「政治とカネ」の問題で政府・与党への攻勢を強める構えで、政倫審がすんなりと「みそぎ」の場にはなりそうにない。
 ◆開催はいつ◆
 小沢氏は広島市内のホテルで記者会見に臨み、政倫審に関して「もろもろの事を含め、話をすることによって理解と支持を獲得することができる」と語った。一方、民主党幹部は記者団に対し、政倫審は今月末にも開かれることになるとの見通しを示した。
 小沢氏が政倫審に出席する意向を固めたのは、検察審査会による「起訴相当」の議決が影響していると見られる。夏の参院選を見据え、説明責任を果たす姿勢を示すとともに、検察の再捜査の動きもにらんで改めて「潔白」を強調する狙いがあるようだ。
 ◆最適の舞台◆
 政倫審は1985年、ロッキード事件で田中元首相が1審で有罪判決を受けたことをきっかけに、衆参両院に設置された。疑惑をかけられた議員に政治的・道義的責任があるかを審査し、〈1〉行為規範の順守〈2〉国会への登院自粛――などの勧告を議決できる。
 審査会委員の3分の1以上の申し立てか、疑惑を晴らすための議員本人の申し出で開かれる。設置当時、衆院議院運営委員長だった小沢氏は、周囲に「俺が政倫審を作った」と語っている。
 政倫審は非公開が原則で、議事録は公開されない。審議時間は1~2時間程度だ。議院証言法により偽証罪に問われる恐れのある証人喚問や、全面公開となる予算委員会での参考人招致に比べ、事情を聞かれる議員の負担は軽い、とされる。
 このため、政倫審は「議員のみそぎの場」としても活用されてきた面もある。過去、政倫審が開かれたのは衆院のみで計9回。実際に出席した議員の中で、田中真紀子・元外相は約2週間後に議員辞職したが、ほかの議員は政倫審後、証人喚問や参考人招致には応じていない。
 ◆追及できるか◆
小沢氏の場合、審査のポイントは、事件で起訴された陸山会の元事務担当者・石川知裕衆院議員の東京地検への供述内容と、小沢氏が記者会見などでこれまで説明したことの食い違いだ。
 石川被告は、同会が2004年に東京都世田谷区の土地購入などにあてた4億円を、同年分の政治資金収支報告書に記載しない方針について、小沢氏の了承を得たと供述。小沢氏はこれを否定している。
 野党は、政倫審ではこうした問題の解明は難しいと見ている。自民など野党5党は13日の幹事長・書記局長会談で、小沢氏と秘書らの証人喚問や参考人招致を引き続き求めていく方針を確認した。

参院選対策?小泉さんまねた?首相訪問に困惑

145.jpg

沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の「5月末決着」まで1か月を切り、鳩山首相が乾坤一擲の沖縄初訪問に踏み切った。
 「最低でも県外」とぶち上げて県民の期待をあおったことを平謝りすることで、公式に「県内移設」へカジを切ろうと狙ったものだ。だが、ようやく現地入りしても、首相から具体的な移設案の説明はなく、沖縄の怒りと失望は一段と深まった。
 ◆おわび行脚◆
 米軍普天間飛行場に隣接する宜野湾市の普天間第二小学校で開かれた鳩山首相と沖縄県民の対話集会。
 「沖縄の皆さんに負担をお願いしなければならない状況であることを改めて申し上げなければならない。本当につらいことですが」
 約1時間10分に及ぶ集会が終わりに近づき、首相が締めくくりのあいさつを始めると、それまで静かだった会場からヤジが飛んだ。
 「公約を守ってください。これ以上、我慢できません」。これをきっかけに会場はざわつき、首相はヤジにさらされた。首相は「これが第1回目の対話。もう来るな、と言われるかもしれませんが、皆さんの気持ちをさらに学ぶ機会をいただきたい」と低姿勢を貫いた。首相が去る際、参加者からは拍手一つ起きず、冷ややかなムードで終わった。

 沖縄では、4月25日に仲井真弘多(ひろかず)知事ら全自治体の首長らが出席し、大規模な「県内移設反対」の県民大会が開かれたばかりだった。直後に首相が正反対の案を携えて乗り込めば、火に油を注ぐのは明白だった。首相周辺は「体を張って止めようとしたが、どうしようもなかった」と打ち明ける。
 それでも首相があえて沖縄入りに踏み切ったのは、自らが期限を切った「5月末決着」に向け、「成算があるわけではないが、とにかく乗り込んで謝罪し、局面を打開しようという気持ち」周辺からだった。
 昨年9月の首相就任後、一度も沖縄を訪問していないという野党の批判をかわすと同時に、「地元の合意」を重視する米側にも努力の跡を示す必要があった。
 首相は昨年12月15日、現行計画の名護市辺野古以外を候補地とする方針を表明。その後、平野官房長官が中心となって候補地を模索したが、米国、沖縄、社民党の3者の理解を得られる「解」を見いだせないまま行き詰まった。さらに、鹿児島県・徳之島でも移設反対集会が開かれるなど、八方ふさがりの状態だった。
 ◆アリバイづくり◆
 だが、首相の「体当たり」が局面打開の決め手になるかどうかは疑わしい。
 「首相の考えていることはだいたいわかる。対話集会を『沖縄と話をした』というアリバイづくりに使われたらたまらない」。対話集会に出席した男性は記者団に怒りをあらわにした。
 今回の訪問では、仲井真知事との会談をはじめ宜野湾市での対話集会までほぼすべて報道陣に公開した。
 このため、「小泉首相の再訪朝の時の対応をまねたのだろう」政府関係者との見方が出ている。2004年5月、北朝鮮による拉致問題解決のために再訪朝した小泉首相(当時)が帰国後、報道陣に見せる形で拉致被害者や家族らへの説明会を開催。安否不明の家族らから批判を一身に受けても耐えた姿勢が評価されたことを参考にしたという見方だ。
 また、この時期の首相訪問について、夏の参院選対策だとの指摘も出ている。
 「参院選まで持ち越すと、責任を持った政治にならない。その後に県知事選も控えている」
 宜野湾市内のホテルで基地所在市町村長と会談した首相は「5月末決着」の理由について、こう説明したという。出席した島袋俊夫うるま市長は「選挙日程を優先させた日程だったことにあぜんとした。『本当に総理か』とショックを受けた」と批判した。

首相「沖縄にも徳之島にも」移転検討伝える

726_2.jpg


鳩山首相は、就任後初めて沖縄県入りし、県庁で仲井真弘多知事と会談した。
 首相は米軍普天間飛行場の移設について、「すべて県外に、というのは現実問題として難しい。沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければならないという思いで来た」と述べ、沖縄県内での移設を進めたいとの政府方針を正式に伝えた。
 仲井真知事は「県民の間では県外移設の実現を期待する声が高まっている」と述べ、県外移設の実現に政府が努力するよう求めた。
 政府は、日米が2006年に合意した同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、杭打ち桟橋方式で滑走路を建設する案と、ヘリコプター部隊を鹿児島県・徳之島に移転する案を組み合わせる政府案を固めている。
 首相は知事にはこうした方針を具体的に説明しなかったが、その後の高嶺善伸議長らとの会談で「沖縄にも徳之島にも率直に普天間の基地移設の協力を願えないかとの思いで来た」「埋め立て方式は極力、避けるべきだという議論が政府の中も出ている」と語り、現行計画の修正案と徳之島への移転を検討していると伝えた。
 首相は一連の会談後、県議会内で記者団に対し、「知事には『抑止力を維持する必要性から、国外、県外にすべての普天間の機能を移設するのは難しい』と言った。誠に申し訳ない思いで来た。具体的な地域は知事にはお話していない」と述べた。徳之島への移転については「近々、3町長にお目にかかる機会を頂いた。それをスタートにしたい」と述べた。
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。