スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小室哲哉詐欺を認める

88_2.jpg
著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪に問われた音楽プロデューサー小室哲哉被告は、大阪地裁(杉田宗久裁判長)の初公判で「おおよそ合っている」と述べ、起訴事実を認めた。
 小室被告は同日午後の公判で「被害者に多大なご迷惑をおかけし、おわびしたい。誠意を持って弁済を進めたい」と述べた。
 検察側は冒頭陳述で、小室被告は利息だけで月3000万円の借金返済に追われて資金繰りが破綻し、「目先のことが大事でしょう」と詐欺となると知りながら犯行を進めたことを明らかにした。
 被害が多額で実刑判決も予想されるが、小室被告は判決までに弁済して情状酌量を求める方針。
 裁判長に職業を尋ねられた小室被告は「音楽家」と答えた。
 検察側冒頭陳述によると、1996年ごろの小室被告の年収は10億円あったが、不動産購入や遊興費に費消。2005年には年収が5000万円に減っていた上、〈1〉レコード会社とのプロデュース契約の解約に伴う先払い金返還で10億円〈2〉離婚慰謝料や養育費計7億8000万円―などで約18億円の借金があった。
 その中で、銀行から融資が受けられず、年利24%の高利融資などに手を出した結果、利息だけで月3000万円が必要となり、資金繰りが破綻、犯行に至った。
 起訴状によると、小室被告は、自ら役員を務めるプロダクション「トライバルキックス」監査役木村隆被告=公判前整理手続き中=らと共謀。06年7月、これまでの作品約800曲の著作権をすべて所有しているように装い、10億円で譲渡する契約を兵庫県芦屋市の投資家男性に持ち掛けた上、同年8月に「印税収入が前妻に差し押さえられているので、解除に必要」と言って先払いさせた5億円をだまし取った、とされる。
 杉田裁判長は次回期日を3月12日に指定。第3回で小室被告の被告人質問、第4回で結審する方針を示した。
 この日、小室被告は開廷2時間半前の午前7時半すぎに地裁入り。地裁には61の一般傍聴席を求めて1034人が列をつくった。
スポンサーサイト
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。