スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福士失速19位 大阪国際女子マラソン

0020.gif

“トラックの女王”福士加代子=ワコール=が初マラソンで惨敗した。2時間40分54秒の19位。独走態勢から25キロすぎにペースダウン。終盤は歩くのもやっとの状態になり、残り570メートル付近からゴールまでに4度も転倒する壮絶な結末。大阪では北京五輪代表のラスト切符をつかむ選手は現れず、3月9日の名古屋国際女子マラソンに出場する高橋尚子=ファイテン=に好機が到来した。
 やはりマラソンは甘くない。「30キロ以上」は練習でも経験がない。トラックの女王・福士にとって、未知のゾーンはあまりにも過酷だった。「予測できない出来事が起きてしまった」。ワコールの永山忠幸監督は苦渋の表情で声を絞り出した。スタート時点から独走したが、準備不足のツケが福士を襲う。永山監督は「30キロではおかしくなかった」と話したが、25キロ付近で明らかに足の運びが鈍くなり、最後はスタミナ切れ。後続が次々と福士を追い抜いていった。
 足が止まった状態。残り1キロで永山監督が「やめてもいいよ」と声を掛けるが、福士は「ゴールまで行かせてください」。競技場が目に入ってきたころ、足がもつれて転倒。トラックまでたどり着くと、また転んだ。苦笑いのような表情を浮かべて再び走りだし、残り約10メートルでまたも転んだ後、19位でフィニッシュ。
 「30キロすぎで急に、目や足に違和感を覚えた。頭が真っ白になり、全く記憶にない」。医務室直行の福士は主催者に傷心コメントを託した。
 ハーフマラソンで野口みずきを破ったほどのスピードランナー。「機は熟した」と初マラソンに挑み、北京行き切符争いに参戦。しかし、トラックの延長線のような調整で、マラソン練習定番の40キロ走など距離を踏まなかった。日本陸連の沢木啓祐専務理事は「マラソンには用意周到な準備が必要」と指摘し、高橋尚子らを育てた名将・小出義雄氏は「マラソンは甘くない。1カ月では仕上がらない」と厳しい言葉を口にした。
 取材規制を敷いてまで備えた初マラソンに惨敗。だが、すべてが終わったわけではない。得意の五千メートル、一万メートルに戻れば、五輪切符はほぼ間違いない。「今回の結果を受け止めて、また次の目標に向かって頑張りたい」と福士。北京五輪選考会となる6月末の日本選手権で悪夢を振り払うしかない。
スポンサーサイト

BMWトップ販売員が語るセールスの秘けつ

080122_3.jpg

岐阜BMW多治見支店営業部の河田哲也さん=愛知県扶桑町=が、昨年1年間のBMW正規ディーラー販売員として全国トップの122台を売り上げた。県内の販売員の全国1位は初めてという。「殺し文句は『BMWのオーナーになりませんか』。粘り強く商品の良さをお客さんに知ってもらうだけ」と謙虚に話すが、モノが売れないこの時代、セールスの秘けつは―。
 河田さんは入社5年目。1年目は7台、以後34、52、81台と、年間30台売れれば一流といわれる業界で、順調に成績を伸ばしてきた。
 営業エリアは東濃地区中心。営業訪問は1日20件がノルマだが、河田さんは30件は回る。まず数で勝負。ただ「飛び込みの成功率は1%ぐらい。お客さんに知り合いを紹介してもらって回る」と効率的なセールスを心掛ける。もちろん最初は断られるが、モットーは「断られてから営業は始まる」。脈がある人を見極め、まめに通う。4年間かけ契約にこぎ着けた人には、名刺を100枚以上渡したという。
 客の所有車をけなしたら終わり。ただBMWの良さを訴える。見積書などを電子メールで済ますセールスマンが多いというが、河田さんは必ず直接出向く。それも顧客の心をつかむ一因という。
 それでも1台300万円から1000万円の高級車BMW。どんな人が買うのか。「もちろん高所得者も買いますが、年収300万円の顧客もいる。いつかは成功する、と夢を持っている人ですね」という。また「不況といわれる製陶業者や公務員のお客さんも多い」と明かす。「学生時代、外車販売店に入ったら店員が出てこなかったことがあった。金を持ってないと思われたんでしょう。そうじゃなく、ローンで苦しくても買いたい人はいる。いかにそれを後押しするか」と力説する。怒られることも多いが「落ち込むことはないですね。しっかり遊んでリフレッシュします」と前向きだ。
 2年連続日本一を目指し、きょうも営業に飛び回る。

AHFが日本除名を通知 やり直しのハンド五輪予選

D270008.jpg

「中東の笛」と呼ばれる疑惑判定で異例のやり直しとなったハンドボールの北京五輪アジア予選が29、30日に東京開催で決定した問題を受け、アジア連盟(AHF)が日本協会に対して同予選を主催したり参加した場合、除名処分とすることを文書で通知してきたことが分かった。
 AHFは加盟国にこれまでも同予選に参加した場合、何らかの制裁を科すことを示唆してきたが、具体的な処分に言及したのは初めて。クウェートの王族が実権を握るAHFは27日にクウェート市で臨時理事会を開き、日本と韓国の処分を審議するとみられ、日本協会の渡辺佳英会長も出席する。
 日本協会幹部によると、AHFからの文書は回答期限が設けられ、日本協会は国際連盟(IHF)の決定に基づいて東京で再予選を開催すると返答する見通しという。

岐阜1区は野田氏公認へ 自民、佐藤氏は国替え

080118_2.jpg

自民党選挙対策委員会は現職同士の公認争いが注目されていた衆院岐阜1区について、郵政造反組で復党した野田聖子元郵政相を公認候補とする方針を固めたと党幹部が明らかにした。2005年の前回衆院選で小選挙区で当選していることや、党が独自に実施した世論調査の結果を考慮したとみられる。執行部では前回衆院選の岐阜1区で「刺客候補」として立候補。野田氏に敗れたものの、比例代表東海ブロックで復活当選した佐藤ゆかり氏に、別の選挙区への転出を要請する見通しだ。
 野田、佐藤両氏の公認争いを含む候補者調整について、党執行部は昨年12月、「民主党に勝てる候補」を優先して公認する方針を決め、調整を進めていた。2005年の前回衆院選の同選挙区で野田氏に敗れた佐藤ゆかり衆院議員は「国替え」し、引退表明した小杉隆元文相の東京5区など都市部の小選挙区公認候補とする方向で調整する。佐藤氏が岐阜市で後援会の会合を開く予定の2月中旬までには決定したい考えだ。
佐藤氏は東京都議会選挙の応援の為に地元議員の出陣式をキャンセルした時から東京5区への流れがあったのだろう。
公認調整を進める同党の古賀誠選挙対策委員長は福岡県柳川市の講演で「勝てる候補者としたら、1馬身、野田さんの方なのかな。一方の佐藤氏の嫁ぎ先を決めた上で来月にも仲良くお披露目できれば」と述べた。岐阜1区での選挙基盤や党独自の世論調査などから判断した。 
自民党は、現職同士が次期衆院選の公認を争う「調整区」を全国で6区抱えているが、このうちで公認候補が固まったのは初めて。

「長良川の鵜飼」、県重文に 世界遺産登録へ弾み

01_14.jpg

1300年にわたって受け継がれる「長良川の鵜飼」漁について、県教育委員会は県重要無形民俗文化財(民俗技術)に指定した。
 県重要無形民俗文化財指定は57件目だが、地域に伝承される生活や生産に関する「民俗技術」での指定は初。県が文化・学術の両面で鵜飼の価値を認めたことは、地元の岐阜市や関市が目指すユネスコの世界無形遺産登録に向けて、大きな弾みになりそうだ。
 長良川鵜飼の世界無形遺産登録を目指す岐阜市は、国の補助を得て3年前から習俗調査を実施。鵜匠が口伝で受け継ぐ漁の技術などを学術的に調べた報告書をまとめ、文化財としての鵜飼の価値の明確化を図った。これを受け、岐阜長良川鵜飼保存会(岐阜市)と小瀬鵜飼保存会(関市)が昨年6月、県教委に指定を申請した。
 県文化財保護審議会は、舟を操りながら手縄を使って魚を捕る技術の継承などを「民俗技術」にあたると解釈。近世以前からの船漁の伝統をよく継承するとして指定すべきと判断し、同年11月、松川禮子教育長に答申していた。
 この日の県定例教育委員会では、全委員が指定決定で一致した。県は今後、伝承・保存事業に補助を行い、鵜飼の文化的価値を国内外にさらにPRする。さらに両市と連携し、文化庁に鵜飼の文化的価値をアピールし、国による文化財指定を積極的に目指す方針だ。
 この日は中津川市千旦林の「岩屋堂のシデコブシ群生地」について、県天然記念物に指定することも決まった。

高さ日本一のやぐら建設取りやめ

080.jpg

毎年、多治見市の消防出初め式のため、市内の土岐川河川敷に建てられてきた高さ約30メートルの木製やぐらが、今年はお目見えしなかった。一昨年末の大雨の際、やぐらの足が増水した同川の水に漬かったことが契機となり、市消防本部が建設を見送ったためで、「日本一高い」と出初め式の目玉だったやぐらが消えることになった。
 やぐらの建設には、河川敷を使うため国土交通省の許可が必要で、増水し始めてから、やぐらの足に水が漬かるまでの50分以内で撤去できることが条件だった。同市も毎年その前提で仕様書を提出し、許可を得てきた。
 ところが、一昨年末の増水の際、同省庄内川河川事務所土岐川出張所は撤去を指示したが、消防側は「冠水した状態で夜間の解体は危険」と判断し撤去しなかった。年明けに予定通り出初め式は行われたが、同出張所は今後、同様の事態の場合は必ず撤去するよう消防側に求めていた。
 今年の出初め式に向けて市消防本部で再検討した結果、「50分以内の撤去は技術的な問題に加え、予算の問題もある」と、恒例のやぐら建設は取りやめた。市消防本部と消防団が協議の末、今回はクレーンを使って「祝出初式」と書かれたのぼりをやぐらと同等の高さまで持ち上げる“折衷案”でまとまった。
 ただ、「やぐらの高さは消防にかかわる者の意気込みを表すもの」と、消防団にとっては伝統のやぐらへの愛着が強かっただけに、「この60年間、あんな大雨はなかった」という事態が、消防側の想定を上回る形となった。

自民「暫定税率」再可決の方針、民主は問責決議案を示唆

011.jpg

自民党の伊吹幹事長は通常国会の焦点の一つである租税特別措置法改正案の年度内成立を目指すとともに、野党が改正案に反対すれば衆院で再可決する方針を明らかにした。
 これに対し、民主党の山岡賢次国会対策委員長は福田首相への問責決議案提出を示唆し、与野党が激突する様相を呈している。
 同改正案は、3月末に期限切れとなる揮発油税の暫定税率や中小企業投資促進税制などを来年度以降も維持する内容。年度内に成立しなければ4月から揮発油税に上乗せしている暫定税率がなくなり、ガソリン価格は安くなる。一方、投資した中小企業に対する法人税の軽減措置もなくなるなど、増税となる場合もある。
 伊吹氏はフジテレビの番組で、同改正案について、1月中の衆院通過は「時間的に無理だ」との認識を示したが、「民主党が反対すれば衆院で再可決する」と語った。
 自民党の大島理森国会対策委員長は、同日のNHK番組で、「年度内に法案を成立させることが国会の責任だ。野党と合意が得られるならば、骨格を変えない限り話し合う用意がある」と述べ、今週中にも野党に法案骨子を示し、25日に国会に改正案を提出する意向を示した。これに関連し、自民党幹部は「仮に期限切れになれば、民主党の政権担当能力を批判することができる」と述べた。
 一方、民主、共産、社民の野党各党の国会対策委員長は同じNHKの番組で、揮発油税の暫定税率撤廃を目指す考えを示した。山岡氏は「通常国会では格差や年金問題など国民生活をどうするのかを議論し、政府・与党が従来通りやっていくなら、不退転の問責(決議案提出)だ」と述べ、与党が同改正案を再可決した場合、参院に首相問責決議案提出を検討する考えを示した。
プロフィール
最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
オセロ
リンク
月別アーカイブ

ブログ
「Hero's Gallery.com」に
ご訪問いただきありがとうございます。
又ホームページ
「フロゴルファー猿」
宜しくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。